亜急性感染性心内膜炎の食事、食事療法、亜急性感染性心内膜炎は何を食べればいいのか

亜急性感染性心内膜炎の食事、食事療法、亜急性感染性心内膜炎は何を食べればいいのか

  • 2021-08-03 08:30:07
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 亜急性感染性心内膜炎の合併症、亜急性感染性心内膜炎はどんな病気を引き起こすのか
  2. 亜急性感染性心内膜炎の診断と鑑別−亜急性感染性心内膜炎の紛らわしい疾患−

亜急性感染性心内膜炎の食事は禁物

飲食适当:1抗菌消炎の食品を食べるべき;2心筋を栄養する食物を食べるべきである。3人の免疫力を高める食品を食べるべきである。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
オランダ豆オランダ豆は新陳代謝を促進し、抗菌消炎作用があり、炎症性疾患の患者の回復を促進する作用があり、患者の回復に有利である。1日100〜200グラムが望ましい。
レーズンレーズンは神経を栄養する作用がある食べ物で、心疾患の患者の回復を促進し、心脳疾患を予防する作用があり、患者の回復に役立つ。1日50~100グラムが適当です。
シロキクラゲシロキクラゲは滋養性の食品であり、人体の免疫力を増強し、抗病能力を高める作用があり、患者の身体の回復に有利である。1日50〜100グラムがよく、スープを煮込んで飲むのがよい。
食の禁忌:1つの辛い刺激の食べ物を食べる;、トウガラシ、ショウガ、ミズバショウなど、2交感神経を興奮させる食物を食べることは禁物です。例えば濃いお茶やコーヒー、3塩漬けにしたものを食べるのは禁物です。塩辛卵、塩辛鶏、塩辛鴨など。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
サンショウサンショウは刺激性の食べ物で、心筋を刺激しやすく、心拍数が速くなり、息苦しさや不調などの症状を引き起こし、患者の体の回復によくない。あっさりしたものを食べるのがよい。
コーヒーコーヒーはカフェインを含む食品で、交感神経が興奮し、心拍数が上昇し、息苦しさなどの不快な症状を引き起こし、患者の体の回復に役立たない。眠気を静める食べ物を食べるのに適している。
塩漬け鴨塩辛いアヒルは塩漬けの食品で、体の水腫を招きやすく、水やナトリウムが溜まり、患者の病状を悪化させ、患者の体の回復に不利である。低塩分、低脂肪の食品を食べるのがよい。
亜急性感染性心内膜炎の食事の原則

亜急性感染性心内膜炎のための食事療法

1、亜急性感染性心内膜炎はどのような食べ物を食べて体に良いですか?

高カロリー、高蛋白質、多ビタミン、消化しやすい食事の選択が適当である

2、亜急性感染性心内膜炎はどのような食べ物を食べないほうがいいですか?

ナトリウム塩の摂取制限

(以上の資料は参考までです。詳細は医師にお問い合わせください)

  1. 亜急性感染性心内膜炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 亜急性感染性心内膜炎の検査および亜急性感染性心内膜炎の診断
  3. 亜急性感染性心内膜炎の治療方法、亜急性感染性心内膜炎の治療方法、亜急性感染性心内膜炎の薬
  4. 亜急性感染性心内膜炎の病因、亜急性感染性心内膜炎にはどのような原因があるのか
  5. 亜急性感染性心内膜炎の症状、亜急性感染性心内膜炎の早期症状、バイタルサイン
分類

お問い合わせ