交感性眼炎の原因、交感性眼炎にはどのような原因があるのか

交感性眼炎の原因、交感性眼炎にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-15 01:09:18
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 交感性眼炎の合併症、交感性眼炎はどんな病気を引き起こすのか
  2. 交感性眼炎の診断と鑑別−交感性眼炎の混同しやすい疾患−

交感性眼炎の病因主な病因:眼穿通傷または内眼手術後に起こる

一、発症原因

90%以上は穿通傷及び内眼手術による引き起こし、少数は眼内悪性黒色腫組織壊死、角膜潰瘍穿孔、毛様体凝縮或いは光凝固などに見られる。

二、発病メカニズム

その発病機序に対する統一的な認識はまだない。主に自己免疫、ウイルス感染あるいは両者の結合の3つの学説がある。

1.自己免疫説

ある研究によると、この病気はブドウ膜メラニン細胞の色素蛋白あるいは細胞のある他の成分による、一種の遅発型過敏反応を引き起こすと考えられている。ブドウ膜色素は隠蔽性抗原であり、外傷などの原因によりブドウ膜の正常構造を破壊し、リンパ系が介入し、免疫活性細胞を刺激し、細胞免疫反応を産生する。動物実験では、網膜色素上皮や精製された網膜可溶性抗原(soluble antigen)もヒトの目と同じブドウ膜炎症を惹起することが証明されている。この病気は免疫遺伝的背景があり、患者のHLA-DR4、HLA-DRW53の検出率は他の人より明らかに高い。

2.ウイルス感染とウイルス−自己免疫

近年、多数の学者は自己免疫学説に傾いているが、ウイルス感染及びその作用の可能性を排除することはできない。Ikuiらは本症標本100例を電子顕微鏡で観察し、上皮様細胞内にウイルス様粒子を認め、好色素性ウイルスであり、ブドウ膜を侵す性質があると推定した。Hagerは本症はVogt−小柳−原田症候群と同じウイルスによるものであり、単に感染経路が異なるだけであると主張している。ウイルスはブドウ膜色素細胞にダメージを与え、色素が遊離してマクロファージで処理された後、Tリンパ球が活性化して抗原となり、さらに抗原抗体反応が形成され、それによって、内耳道迷路、皮膚、毛髪などの色素を含む全ての器官に影響を及ぼす。だからこの感染因子は、少なくとも免疫アジュバントの役割を果たしている。眼球穿通傷は眼内抗原が局部リンパ節に到達する機会を提供し、眼内組織抗原がリンパ系に接触し、自己免疫反応を引き起こすことができる。

  1. 交感性眼炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 交感性眼炎の予防方法交感性眼炎のケア
  3. 交感性眼炎の治療方法、交感性眼炎の治療方法、交感性眼炎の薬
  4. 交感性眼炎の症状、交感性眼炎の早期症状、バイタルサイン
  5. 交感性眼炎の紹介−症状−治療−看護−食事

お問い合わせ