交感性眼炎の紹介−症状−治療−看護−食事

交感性眼炎の紹介−症状−治療−看護−食事

  • 2021-08-15 01:08:30
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 交感性眼炎の予防方法交感性眼炎のケア
  2. 交感性眼炎の治療方法、交感性眼炎の治療方法、交感性眼炎の薬

交感性眼炎の概要

交感性眼炎(sympathetic ophthalmia)は一見して穿通性眼外傷を受けた後、非化膿性ブドウ膜炎を引き起こす。健眼のぶどう膜にも同様の性質の急性びまん性の炎症が生じ、受傷眼を刺激眼、未受傷眼を交感眼といい、交感性眼炎はその総称である。交感性眼炎の発病率は眼球穿孔傷の1.2%を占める。眼球貫通傷後の交感性眼炎発生からの経過期間は2週間〜1年で発症することが多く、2〜8週間が最も危険な段階とされている。

,

交感性眼炎の基本知識

  • 医療保険の対象:はい
  • 発症部位:眼
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多発者:外傷感染
  • 関連症状:眼痛、耳鳴り、網膜剥離毛様体充血視変形
  • 合併疾患:白内障

  1. 交感性眼炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 交感性眼炎の原因、交感性眼炎にはどのような原因があるのか
  3. 交感性眼炎の合併症、交感性眼炎はどんな病気を引き起こすのか
  4. 交感性眼炎の症状、交感性眼炎の早期症状、バイタルサイン
  5. 交感性眼炎の診断と鑑別−交感性眼炎の混同しやすい疾患−

お問い合わせ