交感性眼炎の予防方法交感性眼炎のケア

交感性眼炎の予防方法交感性眼炎のケア

  • 2021-08-15 01:09:54
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 交感性眼炎の食事、食事療法、交感性眼炎は何を食べたらいいのか
  2. 交感性眼炎の症状、交感性眼炎の早期症状、バイタルサイン

交感性眼炎予防

交感性眼炎予防

交感性眼炎の発生は多くの誘発要素があり、合理的な予防対策を用いてこの病気の発生率を下げることができる。現在採用されている予防対策は、主に次のようなものがある。

1.傷ついた目を摘出する

交感性眼炎の予防における受傷眼摘出の作用についてはまだ大きな論争がある。文献中の報道の多くは非ランダムな未対照性研究であり、得られた結論はまだ納得し難い。現在の見方には、大きく以下のようなものがあります。

(1)受傷後2日以内(48h)に受傷眼を摘出することは予防効果があるかもしれない。このような見方をする学者は、まだ説得力のある証拠を提示することはできないが、それは合理的であるように思われる。しかし、眼球内容物摘出術はこの病気には予防効果がないようであることが指摘されている。

(2)受傷後2週間以内に受傷眼を摘出することで交感性眼炎の予防効果がある可能性がある。

(3)交感性眼炎発生後2週間以内に受傷眼を摘出することは交感眼の発生を予防する効果はないが、視力予後に有用である可能性がある。

(4)交感性眼炎発生後に受傷眼を摘出すると交感性眼のぶどう膜炎が増悪する可能性がある。

(5)交感性眼炎発生後の受傷眼摘出は交感性眼のぶどう膜炎には影響しなかった。

一般的には、眼球貫通傷後に視力と外観の回復が望めなくなった眼球は直ちに摘出し、受傷後にぶどう膜炎が繰り返し発作し、視力が低下して光を感じなくなった者に対しても摘出し、一定の視力(光定位が良好であることを含む)を有している患者に対しては、交感性眼炎の発生の有無にかかわらず眼球を温存しておくべきである。現在の薬物治療は通常患者の炎症を完全にコントロールでき、炎症コントロール後の患者の視力は通常一定の回復を得られ、あるいは炎症コントロール後の合併症(例えば白内障など)に対する手術治療は視力の一定の改善を得ることが期待できる。

2.傷を適切に処置する

眼球貫通損傷後、直ちに創生縫合すべきであり、虹彩毛様体の傷口嵌頓は交感性眼炎を誘発する重要な要素であるため、創生縫合時に眼内組織が傷口に嵌頓することを避けるべきである。また可能な限り顕微鏡下で傷口を縫合し、過剰な組織損傷を避けるべきである。傷口汚染と感染はアジュバントの作用を通じて免疫反応を誘発する可能性があり、交感性眼炎発生の1つの誘発要素であるため、創清縫合後に全身に広スペクトル抗生物質とグルココルチコイドを使用し、傷後感染の機会を減少し、組織炎症反応を軽減するべきである。

3.内眼の手術を同じ眼で繰り返し行うことはできる限り避ける

交感性眼炎は、反復的な内眼手術(網膜の復位術など)によって引き起こされることがある。したがって、視力が回復する可能性がない、あるいはその可能性が低い内眼手術はできるだけ重複を避け、このような手術が必要な場合は術前と術後にグルココルチコイド治療を行い、必要に応じて他の免疫抑制薬治療を併用することが望ましい。

そのため、眼外傷の時に、すでに明らかに機能を無視し、眼内容物の大部分が流失しているのを除いて、傷後2週間以内に摘出し、交感性眼炎の発生を防止するほか、必ずできるだけ有用な視力を保持する可能性のある眼を救うべきである。要するに、眼外傷後の眼球摘出手術は慎重に行うべきであり、決して軽率にやってはならない。

  1. 交感性眼炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 交感性眼炎の原因、交感性眼炎にはどのような原因があるのか
  3. 交感性眼炎の合併症、交感性眼炎はどんな病気を引き起こすのか
  4. 交感性眼炎の治療方法、交感性眼炎の治療方法、交感性眼炎の薬
  5. 交感性眼炎の紹介−症状−治療−看護−食事

お問い合わせ