交感性眼炎検査、交感性眼炎診断

交感性眼炎検査、交感性眼炎診断

  • 2021-08-15 01:10:54
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 交感性眼炎の診断と鑑別−交感性眼炎の混同しやすい疾患−
  2. 交感性眼炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー

交感性眼炎一般検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
検眼鏡検査方法眼科外科保健科検眼鏡検査法...
眼底検査眼科外科保健科眼底検査は検査...
眼科検査眼科外科保健科眼科検査の目的は...
眼心反射眼心臓神経保健課眼心反射検査...
たてもうはんしゃ末梢神経系神経保健課立毛反射によると...
眼窩部CT----眼窩CT検査...
スリットランプ五感裂け目ランプの検査は...
交感性眼炎検査

主に:全面的眼科検査は散瞳を含む眼底検査;全血細胞数、RPR、FTA-ABS;もし類肉腫を考慮するならば、ACEレベルを測定する;肺結核または類肉腫を除外するための胸部X線検査眼底蛍光血管造影や超音波検査など。

組織病理学的検査:刺激眼と交感眼の病理組織検査は、刺激眼に外傷性変化がある以外は全く同じで、肉芽腫性ぶどう膜炎の特徴を有していた。ブドウ膜組織全体は炎症細胞の浸潤により厚くなり、特に脈絡膜で顕著であり、厚さは正常の2〜3倍ないし5〜6倍に達する。全ブドウ膜にリンパ球、上皮様細胞及びLangerhans巨細胞浸潤があった。脈絡膜病変は大血管層から始まり、血管周囲にリンパ球浸潤が出現し、次第に典型的な結節を形成する。結節中心には上皮様細胞や巨細胞、周囲にはリンパ球があり、形質細胞も見られ、結核結節に似ている。しかし、この疾患の結節中に巨細胞が色素を貪食する現象は明らかであり、その上にチーズ様壊死は存在しないか或いはごく少ない。脈絡膜毛細血管層は色素欠乏のため侵犯を受けることが少なく、病変がある程度まで進行した時に波及を免れず、その上を覆う網膜色素上皮層は局在性増生があり、扁平疣状或いは結節状隆起を呈し、色素細胞は紡錘状に増大し、上皮様細胞と巨細胞が混じっており、Dalen-Fuchs結節と呼ばれる。この結節は本症に特有ではなく、Vogt−小柳−原田症候群にも存在する。網膜静脈周囲にもリンパ球、上皮様細胞浸潤があり、すなわち交感性血管周囲炎である。炎症が早期で、虹彩病変後層が主であるため、後癒着が起こりやすい。その後細胞浸潤が進み、組織結節状に肥厚して初めて表面が凸凹するようになった。毛様体炎症は血管層に先行し、Dalen-Fuchs結節を認めることもある。結節は網膜色素上皮細胞が転化、増殖して形成される。

眼底検査は受傷眼あるいは非手術眼にDalen-Fuchs結節と夕焼け状眼底変化が最も有意義である。

1.フルオレセイン眼底血管造影検査

診断の一助になります。この病気の急性期の最もよく見られると最も典型的な表現は静脈期に網膜色素上皮レベルで多発性強蛍光点状漏出が出現することであり、後期にこれらの強蛍光点は融合して片状強蛍光になり、炎症が深刻な患者では類湖状変化を形成することができる。疾患の慢性期あるいは反復発作のぶどう膜炎患者において、最もよく見られる変化は造影の早期に多発性の弱蛍光区が出現し、後期に染色することであり、このような蛍光変化の部位は臨床で見られるDalen-Fuchs結節の分布と一致する。もう1つの一般的な表現は、視神経円板が早期に蛍光漏出として現れることがあることである。一部の患者では網膜血管フルオレセインの漏出、血管壁の染色などの変化が見られる。

インドール青緑血管造影検査も診断に有用である。疾患の活動期には、多発性の弱蛍光暗域がみられるが、Vogt−小柳原田病の弱蛍光暗域ほど規則的に分布していない。再発性または慢性炎症の患者では、検眼鏡下に見られるDalen-Fuchs結節に対応する弱い蛍光暗部が見られる。

2.B型超音波検査

脈絡膜の増厚が認められ、この変化が交感性眼炎の診断を支持している。

  1. 交感性眼炎の予防方法交感性眼炎のケア
  2. 交感性眼炎の原因、交感性眼炎にはどのような原因があるのか
  3. 交感性眼炎の合併症、交感性眼炎はどんな病気を引き起こすのか
  4. 交感性眼炎の治療方法、交感性眼炎の治療方法、交感性眼炎の薬
  5. 交感性眼炎の症状、交感性眼炎の早期症状、バイタルサイン
分類

お問い合わせ