停留精巣の診断と鑑別-停留精巣は混同されやすい疾患

停留精巣の診断と鑑別-停留精巣は混同されやすい疾患

  • 2021-08-14 07:15:01
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 停留精巣の病因、停留精巣にはどんな原因があるのか
  2. 停留精巣検査、停留精巣診断

停留精巣鑑別

睾丸欠損、異所性睾丸、回縮性睾丸などと鑑別すべきである。

1、回縮性睾丸

乳幼児に多く見られる。精巣挙上筋が過度に収縮したことによるもので、年齢の増加に伴い、睾丸の増大と挙睾筋の作用が弱まり、この現象は次第に減少し、収縮睾丸は手で柔らかく下に押して、陰嚢内に戻すことができ、手を緩めた後、睾丸は陰嚢内にしばらく留まることができ、滑る睾丸との違いは後者が陰嚢内に推進された後、一旦手を緩めて睾丸は元の位置に戻ることで、停留睾丸の範疇に属する。

2、異所精巣

睾丸は恥骨連合の上、大腿部または会陰部に見つけることができて、正常な睾丸が下降する時、ほとんどの場合、引導帯末端の陰嚢分岐に沿って陰嚢底部に入り、睾丸が陰嚢底部まで下降していない場合、睾丸引導帯末端の他の分岐に沿って恥骨部、大腿部または会陰部まで下降すると、異所性睾丸を形成し、約停留睾丸の1%を占める。

  1. どうすれば停留精巣を予防できるか、停留精巣のケア対策
  2. 停留精巣のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  3. 停留精巣の合併症、停留精巣がどんな病気を引き起こすか
  4. 停留精巣の症状早期症状バイタルサイン
  5. 停留精巣の紹介-症状-治療-看護-食事

お問い合わせ