側脳室腫瘍の症状、初期症状および側脳室腫瘍の兆候

側脳室腫瘍の症状、初期症状および側脳室腫瘍の兆候

  • 2021-10-14 00:04:58
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 側脳室腫瘍の治療、側脳室腫瘍をどうするか、側脳室腫瘍の薬
  2. 側脳室腫瘍の看護-看護のための注意-ダイエットタブー

側脳室腫瘍症状

初期症状:頭痛、記憶喪失、てんかんおよびその他の一般的な症状

後期症状:記憶喪失、全身の脱力感、周囲への反応の遅さや無気力など、視神経萎縮、視力喪失、さらには失明

関連する症状:昏睡、感覚障害、黒い目、反応の遅さ、半盲

1.症状

心室は脳脊髄を含む脳の空洞であるため、その臨床症状は腫瘍のサイズと位置によって異なります。腫瘍が脳脊髄液の循環経路を遮断する場合、または腫瘍が周囲の脳組織を圧迫する場合にのみ、対応する症状と兆候が現れます。頭蓋内圧の上昇や病気の症状など。

1.頭蓋内圧亢進;側脳室の腫瘍が小さいか、脳脊髄液循環障害を引き起こさない場合、患者は明らかな症状をまったく示さない可能性があります。脳脊髄液の循環が妨げられると(心室間孔閉塞、部分的心室閉塞)、頭蓋内圧の上昇が現れ、これは臨床的に頭痛として現れます。頭痛もほとんどの患者の最初の症状です。統計によると、最初の症状として頭痛がある患者は、側脳室腫瘍の患者の約92.5%を占めています。頭痛は、一時的、断続的、または発作性として悪化することがよくあります。心室間孔または心室の一部(上隅または下隅)が塞がれると、閉塞性水頭症が引き起こされます。心室の急速な拡張により、患者はしばしば耐えられない頭痛を患います。頭痛がひどい場合、患者は吐き気と嘔吐。一部の患者は、頭蓋内圧の突然の上昇と脳ヘルニアのために意識を失ったり、死ぬことさえあります。腫瘍は側脳室にある程度の可動性があり、脳脊髄液の循環を突然遮断するフラップの形をしていることが多く、頭蓋内圧の急激な上昇を引き起こします。これは発作性頭痛の原因でもあります。体位や頭位の変化により心室閉塞が緩和されると、患者さんの頭痛はすぐに止まります。閉塞が再び発生した場合、頭痛が再発し、これは複数回繰り返される可能性があります。したがって、少数の患者は、攻撃のたびに、額を地面にぶつけたり、膝を腹臥位で曲げたりすることがよくあります。

頭痛がひどい場合、または脳ヘルニアのために死亡した場合、患者はしばしば強直性のけいれんに苦しむ。頭蓋内圧の長期的な上昇により、患者の視力が低下し、子供たちは頭が大きくなり、鍋を壊すような音がすることがあります。」

2.限局性症状:限局性症状または限局性徴候。腫瘍が小さく、周囲の脳組織を圧迫または浸潤しない場合、限局性徴候は発生しません。さまざまな部分で周囲の脳構造を圧迫または破壊する腫瘍の継続的な成長により、さまざまな症状や脳損傷の兆候が現れます。腫瘍は内包と大脳基底核を含む可能性があり、脳実質に成長する可能性もあるため、患者は半身または片足の麻痺と感覚障害、および反対側の軽度の中枢性顔面神経麻痺を患っています病変、および等方性片麻痺。左側頭葉、頭頂葉、および後頭葉の接合部が侵害された場合、患者は失認症および失語症を経験します。心室周辺の組織の関与によって引き起こされる臨床症状の重症度は、頭蓋内圧の変化に伴って変化することがよくあります。頭蓋内圧が大幅に上昇すると症状が明らかになり、頭蓋内圧が低下すると頭蓋内圧が一時的に緩和されます。

3.精神障害;頭蓋内圧が上昇した患者は、さまざまな程度の精神症状を示します。一般的な症状は比較的軽度であり、記憶喪失、一般的な脱力感、周囲への反応の遅さ、および倦怠感として臨床的に現れます。

4.視神経乳頭の変化;頭蓋内圧上昇の初期段階で、患者は視神経乳頭の水型を示し、視神経乳頭の境界が不明確であり、生理的鬱病が消失し、時には放射状の小さな血管の影があることを示した。フレーク状の絨毛状の血管群と静脈の変動。後期段階では、それは二次視神経萎縮、そして患者の視力喪失または失明としてさえ現れます。これは頭​​蓋内圧の長期的な増加の結果です

フルーツ。患者はしばしば、視力喪失の前に一過性の黒化、すなわち、目の前の発作性黒化を経験します。これは、視力喪失が起こりそうなことの合図です。

5.てんかん発作;側脳室腫瘍の少数の患者は、頭蓋内圧亢進によって引き起こされると一般に考えられているてんかん発作を持っている可能性があります。

  1. 側脳室腫瘍の予防方法、側脳室腫瘍の看護対策
  2. 側脳室腫瘍の原因、側脳室腫瘍の原因は何ですか
  3. 側脳室腫瘍の合併症、側脳室腫瘍によってどのような病気が引き起こされるか
  4. 側脳室腫瘍の紹介-症状-治療-看護-食事療法
  5. 側脳室腫瘍の食事療法、食事療法、側脳室腫瘍のために何を食べるか
分類

お問い合わせ