側頭骨岩様部髄膜腫の紹介-症状-治療-ケア-食事療法

側頭骨岩様部髄膜腫の紹介-症状-治療-ケア-食事療法

  • 2021-10-14 21:50:43
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 側頭骨岩様部髄膜腫を診断および区別する方法
  2. 石油クレマチス髄膜腫検査、石油クレマチス髄膜腫診断

側頭骨岩様部髄膜腫の紹介

解剖学的には、側頭骨岩様部は蝶形骨、側頭骨、後頭骨に囲まれた領域を指し、これらの骨は頭蓋骨基部の中部および後部窩を構成すると考えられています。この領域で発生する髄膜腫は、海綿静脈洞髄膜腫、中頭蓋窩髄膜腫、橋小脳髄膜腫、錐体尖部髄膜腫、クレブラ髄膜腫、および孔マグナム髄膜腫に分類されます。後頭蓋窩の上部2/3斜面と内道内の石油の頂上に位置する腫瘍は、その深い位置のために複数の脳神経と血管を蓄積することがよくあります。手術は困難であり、ますます多くの学者の注目を集めています。近年.. したがって、一部の学者は、この領域の腫瘍を、その位置、成長方向、臨床症状、および外科的アプローチに従って3つのタイプに分類します。斜面タイプは、側頭骨岩様部の硬膜にあるくも膜細胞クラスターに由来します。反対側の真ん中の線。腫瘍は主に中脳上部の斜面に位置し、中脳と橋を後方に圧迫します。髄膜下垂体幹、中硬膜動脈の髄膜枝、および椎骨動脈の繊毛枝が血供給に関与しています。ペトロクリニカ腫瘍は、側頭骨岩様部裂肛から片側に成長します。腫瘍は主に中斜面と小脳橋角に位置します。腫瘍は主に髄膜下垂体幹、後頭枝と椎骨動脈の斜面枝、および後頭動脈の錐体枝。蝶形骨傾斜腫瘍は、蝶形骨傾斜裂から成長し、トルコ鞍の側面、中頭蓋窩、および錐体骨の先端まで横方向に広がり、小脳テントの裂孔を通って背側鞍に向かって発達します。脳血管造影は、髄膜下垂体幹、中硬膜動脈の髄膜枝、および上行咽頭動脈の傾斜枝が血液供給に関与していることを示した。

側頭骨岩様部髄膜腫の基礎知識

  • 医療保険に属するかどうか:いいえ
  • 発生部位:脳
  • 感染性:非感染性
  • 頻繁な群衆:すべての群衆
  • 関連する症状:異常な歩行、複視、頭痛、運動失調、頭痛
  • 併発疾患:脳脊髄液漏出および脳幹損傷

  1. 側頭骨岩様部髄膜腫の予防方法、側頭骨岩様部髄膜腫の看護対策
  2. 側頭骨岩様部髄膜腫の合併症、側頭骨岩様部髄膜腫によってどのような病気が引き起こされるか
  3. 側頭骨岩様部髄膜腫の治療、側頭骨岩様部髄膜腫の治療
  4. 側頭骨岩様部髄膜腫の病因、側頭骨岩様部髄膜腫の原因は何ですか
  5. 側頭骨岩様部髄膜腫の症状、初期症状および側頭骨岩様部髄膜腫の徴候

お問い合わせ