石油クレマチス髄膜腫検査、石油クレマチス髄膜腫診断

石油クレマチス髄膜腫検査、石油クレマチス髄膜腫診断

  • 2021-10-14 21:56:50
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 側頭骨岩様部髄膜腫を診断および区別する方法
  2. 側頭骨岩様部髄膜腫の看護-ケアの予防措置-食事療法の禁忌

側頭骨岩様部髄膜腫の一般的な検査

検査名検査現場検査部検査機能
脳血管造影 頭蓋 脳神経外科血管外科腫瘍 脳血管造影は...
ヘッドプレーンフィルム ヘッド 核医学 スカルプレーンフィルムは...
MRI 全身 放射線腫瘍 MRI ..
石油繊毛髄膜腫検査

1.チェック:

腰椎穿刺の圧力は通常増加し、脳脊髄検査のタンパク質はさまざまな程度に増加しています。

1.頭蓋骨X線プレーンフィルム:頭蓋骨の過形成または損傷の程度を理解するのに役立ちます。

2. CT検査:CTとMRIは、この領域の髄膜腫を診断するための最も効果的な方法です。検査中は、薬剤注射による造影剤増強スキャンが必要です。そうしないと、誤診の可能性があります。単純なCTスキャンでは、主な症状は、小葉または楕円形の均一な高密度またはわずかに高密度の空間占有病変を区別し、少数の腫瘍が異なるサイズの低密度病巣と混合していることです。造影剤の注入後、それは均一に増強することができ、そのほとんどは円形、楕円形、または不規則です。腫瘍と硬膜は広い基部に接続されており、局所領域で骨過形成または骨破壊がある可能性があります。時々それは石油の頂点への明らかな損傷として現れる。さらに、CTは乳様突起のガス化の程度と骨迷路の位置を示すこともできます。これは手術のガイドに役立ちます。

3. MRI検査:ほとんどの髄膜腫の信号は脳灰白質の信号と類似しています。それらのほとんどはT1強調画像では等信号であり、一部は低信号です。T2強調画像では表現できます。 Gd注入DTPA後、ほとんどの腫瘍は増強を示し、ほとんどの髄膜腫は隣接する脳組織、特に脳幹から分離されました。さらに、MRIは髄膜腫と隣接する血管との関係を示す点でCTよりもはるかに優れており、腫瘍の位置とサイズ、腫瘍の浸潤の方向、脳底動脈と分枝の関与の有無を明確に示すことができます。三次元的な方法。さらに重要なことに、T2強調画像では、腫瘍の周囲にくも膜層が存在するかどうか、脳幹乳頭浸潤があるかどうか、および脳幹浮腫があるかどうかを観察できます。これは、疾患の術前評価にとって非常に重要です。髄膜腫が内頸動脈と脳底動脈を取り囲んだり圧迫したりすると、血管内の高速で流れる血液がボイド現象を引き起こします。これは、T1およびT2強調画像の低信号領域です。

4.脳血管造影:腫瘍の血液供給は非常に豊富であるため、手術前の選択的脳血管造影は手術をガイドするために非常に必要です。脳血管造影では、手術中に血液供給動脈を遮断するために、腫瘍の血液供給を観察することができます。脳血管造影の錐体斜面領域の髄膜の血液供給動脈には、主に、内頸動脈の髄膜下垂体幹、中髄膜動脈、基底動脈の枝、椎骨動脈の髄膜枝、および上行咽頭動脈の傾斜枝と基底動脈の方向を同時に観察することができます横方向の変位、上大脳動脈と上行咽頭動脈の斜めの枝が伸び(後方および反対側の変位)、時には病理学的血管染色発生する可能性があります。

  1. 側頭骨岩様部髄膜腫の予防方法、側頭骨岩様部髄膜腫の看護対策
  2. 側頭骨岩様部髄膜腫の合併症、側頭骨岩様部髄膜腫によってどのような病気が引き起こされるか
  3. 側頭骨岩様部髄膜腫の治療、側頭骨岩様部髄膜腫の治療
  4. 側頭骨岩様部髄膜腫の病因、側頭骨岩様部髄膜腫の原因は何ですか
  5. 側頭骨岩様部髄膜腫の症状、初期症状および側頭骨岩様部髄膜腫の徴候
分類

お問い合わせ