免疫性不妊の食事、食事療法、免疫性不妊は何を食べればいいのか

免疫性不妊の食事、食事療法、免疫性不妊は何を食べればいいのか

  • 2021-09-11 08:20:34
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 免疫不妊検査、免疫不妊診断
  2. 免疫性不妊の合併症、免疫性不妊はどんな病気を引き起こすのか

免疫性不妊食の原則

免疫性不妊のための食事と健康管理

栄養不良は女性の排卵の法則に影響を与え、男性の精子の質にも影響を与える。女性は体重を標準体重のプラスマイナス10%の範囲内に抑えることが望ましい。一方、高脂肪食で体重が上昇すると、女性の生理が乱れ、排卵が不良になることもあります。また、カフェインの摂取は受胎の確率を下げることもある。

過剰なカロチンは卵巣の黄体素合成に影響を与え、分泌が減少し、無月経、無排卵、月経の乱れを引き起こすこともある。ニンジンを大量に食べると、血中カロチンが高くなり、不妊症、無月経、無排卵などの異常現象が起こる。

食することにより、体内のpHを変化させ、精子に適した環境を作り、酸性の食品やカルシウム、マグネシウムを豊富に含む食品を摂取することができる。塩分を含まない乳製品、牛肉、卵、牛乳、ピーナッツ、クルミ、アーモンド、雑穀、水産物などだ。カリウム、ナトリウムを多く含むアルカリ性の食品には、ソーダビスケット、クリームを含まない菓子、各種のジュース、食粮の根茎類、例えばサツマイモ、ジャガイモ、果物、栗などが含まれます。

食物添加物も不妊を引き起こすことがある。西洋中国では多くの研究により、味の素などの食品添加物が、男性精子の正常な機能に影響を及ぼすことが証明されている。そして味の素は人体に蓄積する傾向がある。「フタル酸塩」は男性の精子数を減少させ、女性の卵巣機能にも影響を与え、女性の出産能力にも影響を与える。

  1. 免疫性不妊の原因、免疫性不妊にはどのような原因があるのか
  2. 免疫性不妊の紹介−症状−治療−ケア−食事
  3. 免疫不妊を防ぐにはどうすればいいのか、免疫不妊のケアの取り組み
  4. 免疫性不妊のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  5. 免疫性不妊の症状、免疫性不妊の初期症状、バイタルサイン
分類

お問い合わせ