免疫性不妊の症状、免疫性不妊の初期症状、バイタルサイン

免疫性不妊の症状、免疫性不妊の初期症状、バイタルサイン

  • 2021-09-11 08:13:08
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 免疫性不妊治療方法,免疫性不妊治療方法,免疫性不妊治療薬
  2. 免疫性不妊の紹介−症状−治療−ケア−食事

免疫不妊症

典型的な症状:正常な精には大量のプロスタグランジンEと1種の糖蛋白が含まれ、免疫抑制作用があり、精液沈降ホルモンも抗補体活性がある。

免疫性不妊症状

免疫性不妊は同種免疫、局所免疫と自己免疫の3種類に分類される。

1.同種免疫

同種免疫とは、男性側の精子・精漿を抗原とし、女性側の体内で抗体を産生し、精子を凝集させたり、精子の活動力を失わせたりすることを指す。一般的な情況の下で、女性は免疫反応を産生せず、約15-18%の不妊女性の体内に抗免疫性不妊精子抗体が存在するだけである。女性の月経期あるいは子宮内膜炎などの疾患がある時、子宮内膜に損傷あるいは肛門性交があると、精子とその抗原物質が血流に入りやすくなり、女性の免疫反応を刺激する。

2.局所免疫

局部免疫はある不妊女性の子宮頸部粘膜と子宮内膜に免疫グロブリンGとAを産生するリンパ様細胞が含まれ、子宮頸部粘液に抗精子の免疫グロブリンG、AとMが含まれていることを指す。従って、子宮頸部及び女性生殖道は精子に対して局部免疫作用を有する。

3.自己免疫

自己免疫は男性の精子、精液或いは女性の卵子、生殖道の分泌物、ホルモンなどが生殖道を溢れて自身の周囲組織に入り、自分の身体の免疫反応を引き起こし、体内で相応の抗体物質を産生し、精子の活力或いは卵胞の成熟と排卵に影響する。ある研究によると、不妊男性の5~9%に抗精子抗体が存在し、その発生原因は両側の輸精管の閉塞や結紮、あるいは過去に重篤な生殖器感染による可能性があることが証明されている。

4.免疫性不妊症の診断基準

(1)妊娠しない期間が3年を超える場合

(2)不妊の原因であるその他のものを除く、

(3)体内の抗生育抗体の存在を確認する信頼性の高い検査方法;

(4)体外実験により、抗出産免疫がヒトの精卵結合を妨害することが確認された。

上記4項目の基準のうち、前の3項目を満たすことで免疫性不妊症の臨床診断ができ、同時に4項目を満たすことで臨床診断が肯定される。

  1. 免疫性不妊の原因、免疫性不妊にはどのような原因があるのか
  2. 免疫性不妊の食事、食事療法、免疫性不妊は何を食べればいいのか
  3. 免疫不妊を防ぐにはどうすればいいのか、免疫不妊のケアの取り組み
  4. 免疫不妊検査、免疫不妊診断
  5. 免疫性不妊のケア−ケアの注意点−食事のタブー

お問い合わせ