免疫性不妊治療方法,免疫性不妊治療方法,免疫性不妊治療薬

免疫性不妊治療方法,免疫性不妊治療方法,免疫性不妊治療薬

  • 2021-09-11 08:15:54
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 免疫性不妊の症状、免疫性不妊の初期症状、バイタルサイン
  2. 免疫性不妊受診ガイドライン−免疫性不妊

免疫性不妊の診療知識

受診科:生殖健康治療費用:市三甲医院約(1000-5000元)治愈率:治療方法:薬物治療免疫性不妊の一般治療

一、免疫性不妊の西洋医学的治療

1.男性に対して

男性の自己免疫による体内に高濃度精子抗体が存在することによる不妊に対して、以下の方法を用いて治療することができる:

1)免疫抑制治療

副腎皮質ホルモンを使用し、場合によっては少量で比較的長時間治療するか、あるいは体内の精子抗体がある程度低下した時点で同房する高用量の衝撃治療を行い、受胎の機会を増やす。

2)人工授精

を集め、精子表面に付着した抗体を特殊な精子洗浄液で洗い流して人工授精する。

3)レゾロンによる反跳療法

テストステロンの生理活動の特徴により、大量のテストステロンを応用し、まず生精上皮を抑制させ、それからテストステロンを停止し、抑制を解除した後に生精上皮がより多くの精子を生成させる、これはテストステロン反跳療法である。精子数が減少する時、抗体力価もそれに伴って低下或いは消失し、精子数が反跳した後、抗体がまだ明らかに上昇しない時に同房することを選択することは、受胎の機会を増加することができる。

4)原発疾患の治療

自己免疫が精巣炎、副睾丸炎などの炎症によるものであることを考慮すると、原発性疾患を積極的に治療する必要がある。

2.女性に対して

女性の体内に存在する抗体による免疫性不妊に対しては、ペニスセット性交法を試用するか、コルチコイド系免疫抑制剤を併用して治療することができる。

1)抗原接触の回避

性生活のたびにコンドームを使用することは、精子抗原による女性のさらなる刺激を避けることができる。女性側の精子に対する抗体レベルが低下すると、排卵期のコンドーム性生活を奨励したり、人工受精を行ったりする。

2)免疫抑制法

副腎皮質ホルモン類薬物は抗炎症作用を有し、マクロファージ毒性作用を妨害する。そのため免疫性不妊症の治療に用いることができる。

3)子宮腔内人工受精

患者の子宮頸部粘液中に精子抗体が存在して出産を妨害する場合、その夫の精液を体外で処理し、高品質の精子を分離し人工受精を行うことができる。この方法は子宮頸部粘液中の精子抗体による精子通過の制限作用を回避した。

4)体外受精

精子と卵子を体外で培養受精し、受精後3-5日に子宮腔に移植することにより、精子は受精前に精子抗体を含む女性側の生殖道に局所的に接触する必要がない。受精後、妊娠卵の透明帯の保護作用により、精子抗体が妊娠卵を攻撃できなくなり、その後着床する。

免疫性不妊の弁証的治療

二、免疫性不妊の漢方治療

漢方医の古代医籍は本症に対する専門的な記載がなく、不妊門の中に統合された。脈症により、漢方医学理論により弁証的に型分けし、腎陰虚型、腎陽虚型、湿熱型に分けることができる。漢方療法は具体的には次の方法である。

1.腎陰虚型

月経前、量が少なく、色が赤で血塊がなく、あるいは月経はまだ正常で、しかし足腰が酸っぱくて柔らかくて、頭がぼうっとして目がかすんで、眠れなくて、性情が急峻で、口が乾いて、五つの心がいらいらして熱があって、午後は潮熱があって、舌質が少し赤くて、苔が少なくて、脈が細い。治療常用処方:当帰10g、熟地10g、セキシャク15g、菟糸子20g、女貞子20g、甘草10g、丹参15g、杞子15g、雲苓15g、覆盆子15g、淮山15g。

2.腎陽虚型

月経後期、量が少なくて色が薄くて、あるいは月経が薄くて、月経が薄くて、顔が暗くて暗い、腰が酸っぱくて足が柔らかくて、性欲が薄くて、小便が清長して、大便がしっかりしていなくて、舌が薄くて苔が白くて、脈が細いあるいは遅く沈む。治療常用処方:党参15g、川キュウ10g、仙霊脾15g、覆盆子15g、甘草10g、菟糸子20g、杞子10g、白術15g、当帰10g、セキシャク15g、丹参15g、女貞子15g。

3.湿熱型

口乾、口苦あるいは口酸、月経鮮紅、帯下量が多く、色黄あるいは黄白、質はねっとりしていて、納食は比較的に悪くて、倦怠、力がなくて、快眠、小便黄少、舌紅、苔黄あるいは厚、脈濡略数。治療常用処方:黄岑15g、黄連5g、菌陳30g、丹参15g、セキシャク15g、黄柏10g、党参10g、杞子10g、淮山15g、丹皮10g、猪苓15g。以上の各タイプの患者はすべて毎日漢方薬1剤を服用し、2ケ月を1治療コースとする。

  1. 免疫性不妊の原因、免疫性不妊にはどのような原因があるのか
  2. 免疫性不妊の紹介−症状−治療−ケア−食事
  3. 免疫性不妊の食事、食事療法、免疫性不妊は何を食べればいいのか
  4. 免疫不妊を防ぐにはどうすればいいのか、免疫不妊のケアの取り組み
  5. 免疫不妊検査、免疫不妊診断

お問い合わせ