免疫性不妊受診ガイドライン−免疫性不妊

免疫性不妊受診ガイドライン−免疫性不妊

  • 2021-09-11 08:16:26
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 免疫性不妊の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 免疫性不妊の診断と鑑別-免疫性不妊の紛らわしい疾患
免疫性不妊受診羅針盤は免疫性不妊患者が病院を受診する時に現れる疑問に対して解答を行い、例えば:免疫性不妊はどの科の番号をかけますか?免疫性不妊検査前の注意点は?医者は普通何を聞きますか。免疫性不妊はどのような検査をしますか?免疫性不妊検査の結果はどう見ますか?待ってくれ。免疫性不妊受診ガイドラインは免疫性不妊患者の受診を便利にし、免疫性不妊患者の受診時の疑惑問題を解決することを目的としている。
典型的な症状
抗内膜抗体陽性、抗卵巣抗体陽性、抗精子抗体陽性
診療科の受診を勧める
生殖健康
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は1日、再診は半日ずつ予約する
再診頻度/診療期間
外来診療:毎週再診し、不妊回復後、不調を伴う診察を受けた。重症者は入院治療が必要で、出産が正常になった後、外来治療に移る。
診察前の準備
特別な要求はなく、注意して休む。
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、不妊などの付随症状がある?
4、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査の結果は何ですか。
5、治療の様子はどうですか?
6、薬物アレルギー歴はありますか?
7、家の中に免疫性不妊患者はいますか?
重点点検項目
1.精子制動試験
精子制動試験により、血清または精漿中の精子凝集抗体または制動抗体を検出することができる。
2.精子登高試験
精子登高試験は精子の活動速度を測定する試験である。この検査は精子の活働力を客観的に反映するので、男性の出産能力を判断するのに役立ち、方法も簡単だが、操作の際には対照試験が必要で、互いに比較することができる。
3.精子凝集試験
精子凝集試験はKibrikら(1952年)によって最初に創設された白ゼラチン内精子凝集試験から始まり、その後の発展とともに4種類ある:1)ゼラチン凝集試験(Kibrik,1952)。②試験管ガラス凝集試験(Franklin、Dukes、1964);③毛細管凝集試験(Shulman、Hekman、Pann、1971)④浅盤凝集試験(Friberg、1974)。
しんだんきじゅん
⑴妊娠しない期間が3年を超える。⑵不妊に至るその他の原因を除く。(3)信頼性の高い検査方法は体内に抗生育抗体が存在することを証明した(4)体外実験より抗生育免疫が人の精卵結合を妨害することを実証した。


  1. 免疫性不妊の原因、免疫性不妊にはどのような原因があるのか
  2. 免疫性不妊の食事、食事療法、免疫性不妊は何を食べればいいのか
  3. 免疫不妊を防ぐにはどうすればいいのか、免疫不妊のケアの取り組み
  4. 免疫不妊検査、免疫不妊診断
  5. 免疫性不妊のケア−ケアの注意点−食事のタブー
分類

お問い合わせ