処女膜閉鎖の症状、処女膜閉鎖の初期症状、バイタルサイン

処女膜閉鎖の症状、処女膜閉鎖の初期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-12 20:21:58
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 処女膜閉鎖の合併症、処女膜閉鎖はどんな病気を引き起こすのか
  2. 処女膜閉鎖検査、処女膜閉鎖診断

処女膜閉鎖症状

早期症状:1、思春期後月経初潮なし。2、次第に増悪する周期的な下腹痛。3、下腹部にこぶを触知し、月ごとに増大した。4、検査時に処女膜外への隆起を認め、表面は紫色を呈した。5、肛門検査で直腸への圧迫、緊張度大、圧痛の腫瘍を触知した。

末期症状:厳重な時に便秘、頻尿或いは尿閉、便秘、肛門の腫れなどの症状を伴う。

関連症状:処女膜無孔無月経来潮

一、臨床所見

1、思春期後に月経初潮がない。

2、次第に増悪する周期的な下腹痛。

3、下腹部にこぶを触知し、月ごとに増大した。

4、検査時に処女膜外への隆起を認め、表面は紫色を呈した。

5、肛門検査で直腸への圧迫、緊張度大、圧痛の腫瘍を触知した。

6、深刻な場合は便秘、頻尿あるいは尿閉、便秘、肛門の腫れなどの症状を伴う。

二、診断

1、上記の症状と徴候。

2、処女膜膨隆部より穿刺し、粘り気のないセピア色や陳旧性の血液を抽出することができる。

  1. 処女膜閉鎖のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 処女膜閉鎖の原因、処女膜閉鎖にはどのような原因があるのか
  3. 処女膜閉鎖の紹介−症状−治療−看護−食事
  4. 処女膜閉鎖をどのように診断・鑑別するか−処女膜閉鎖が混同されやすい疾患−
  5. 処女膜閉鎖を防ぐには処女膜閉鎖のケア対策

お問い合わせ