処女膜閉鎖の食事、食事療法、処女膜閉鎖は何を食べればいいのか

処女膜閉鎖の食事、食事療法、処女膜閉鎖は何を食べればいいのか

  • 2021-08-12 20:27:15
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 処女膜閉鎖の合併症、処女膜閉鎖はどんな病気を引き起こすのか
  2. 処女膜閉鎖検査、処女膜閉鎖診断

処女膜閉鎖飲食は禁物

適切な食事:1.フルクトース含有量の高い食品を食べるべきです;、2.ビタミンCの含有量が高い食品を食べるべきである;、3.叶酸の含有量が高い食品を食べるべきである。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
シイタケ鉄分やビタミンBが豊富に含まれているので、神経を栄養し、造血を促進する効果も期待できます。100gレタスの先と炒めて食べる。
キウイフルーツビタミンCやクエン酸、果糖を豊富に含み、心筋細胞への栄養効果が高い。2~3個は皮をむいてそのまま食べる。
酸ナツメ豊富なアルギン酸とビタミンCを含み、心筋組織のエネルギー代謝を促進する作用がある。この病気の患者に適している。100gそのまま食べる。
飲食の禁忌:1.アルコールを含む食品を食べることを禁じる;、2.茶ポリフェノールを含む食品を食べるのを禁じる;、3.カフェインを含むものは禁物。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
コーヒー・シュガーある程度のカフェインが含まれており、中枢血管に対して明らかな興奮性作用があり、正常な心臓機能を抑制すると同時に、心原性心不全の発生リスクを誘発することができる。果糖はいかがですか。
チョコレートカフェインが豊富で、チョコレートの製造にもコーヒー豆が使われているため、カフェインの含有量が高く、濃縮されているため、この病気の患者さんにはよく食べられません。カフェインフリーの果物や牛乳を食べるのがよい。
酒芯糖アルコールが含まれていて、その外側のチョコレート層にはカフェインが豊富で、心臓疾患の機能回復には役立たない。アルコールを含むいかなる食品も避けるべきである。
処女膜閉鎖食の原則

処女膜閉鎖療法:

1、肝腎不全

[臨床表現]月経過齢未満、或いは初潮が比較的に遅く、量が少なく淡紅色、眩暈、耳鳴り、腰がだるく、膝が柔らかく、汗が出て、五つの心がいらいらし、舌質が赤く、苔が少なく、脈が細い。

[食事療法薬膳]

1)黒豆紅花糖方:黒豆50グラム、紅花6グラム、黒糖30グラム、前2味先水煎り、煎り終わった後黒糖、温めて服。

2)長芋じゃがいもスープ:長芋30グラム、じゃがいも30グラム、黒豆30グラム、鶏血藤50グラム、牛膝10グラム、まず鶏血藤、牛膝を1時間煎じた後、かすを取り、長芋、じゃがいも、黒豆を加えて熟れるまで煮、黒糖適量を加えて服用する。

  1. 処女膜閉鎖のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 処女膜閉鎖の原因、処女膜閉鎖にはどのような原因があるのか
  3. 処女膜閉鎖の症状、処女膜閉鎖の初期症状、バイタルサイン
  4. 処女膜閉鎖の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 処女膜閉鎖をどのように診断・鑑別するか−処女膜閉鎖が混同されやすい疾患−

お問い合わせ