出血性ショックの看護-看護上の注意-ダイエットタブー

出血性ショックの看護-看護上の注意-ダイエットタブー

  • 2021-10-26 05:25:27
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 出血性ショック相談ガイド-出血性ショック
  2. 出血性ショックの原因、出血性ショックの原因は何ですか

出血性ショックの一般的なケア

出血性ショックケア

1.朝食、昼食、夕食の主食は、ご飯とパスタ、野菜と肉(魚、鶏肉、鴨、ウサギ、牛肉、豚肉など)です。人体が毎日必要とする栄養素のほとんどが補充されることを確実にするために、すべての食事は肉と野菜を持っているべきです。

2.ミルク、豆乳、卵、レンコン粉、ペストリーなどは、食事の合間や就寝前に加えることができます。

3.果物は、食欲を刺激し、消化を助け、さまざまなビタミンを補給するために、食事の前後に補給されます。

4.①負傷後1〜2日間は断食または摂食量を減らし、3日目に少量の米汁、あんすなどの試験食を1日3〜6回、毎回50〜100mlで開始します。 、ミルクやブロスなどを徐々に増やしていくと、1日3〜8食が食べられるので、おしゃべりで消化しやすい食事をとることをお勧めします。②1週間後、肉のみじん切り、魚とご飯のお粥、蒸し卵、麺などを使って、体ジュースの食事を半分の液体ジュースの食事に変更することができます。③患者さんの消化機能が良ければ、徐々に正常な患者さんの食事に戻すことができます。

  1. 出血性ショックの紹介-症状-治療-ケア-ダイエット
  2. 出血性ショックの症状、初期の症状および出血性ショックの兆候
  3. 出血性ショックの合併症、出血性ショックはどのような病気を引き起こしますか?
  4. 出血性ショックの予防方法、出血性ショックの看護対策
  5. 出血性ショックを診断して区別する方法-出血性ショックは簡単に混乱します

お問い合わせ