前庭大腺嚢腫の病因、前庭大腺嚢腫にはどのような原因があるのか

前庭大腺嚢腫の病因、前庭大腺嚢腫にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-12 21:05:03
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 前庭大腺嚢腫の診断と鑑別-前庭大腺嚢腫は混同しやすい疾患
  2. 前庭大腺嚢腫の食事、食事療法、前庭大腺嚢腫は何を食べればいいのか

前庭大腺嚢腫の病因主な病因:前庭大腺管閉塞、分泌物蓄積

一、発症原因

前庭大腺嚢腫系は、前庭大腺管の開口部が閉塞し、分泌物が下腺腔に蓄積することにより形成され、前庭大腺管閉塞の原因は:

1、前庭大腺管損傷(30%):

個々の症例では、分娩時、膣、会陰外側部裂傷、会陰側切開時の損傷腺管または会陰側切開部の癒合後に発生するより深刻な瘢痕組織収縮により、大前庭腺管口閉塞による嚢胞が形成される可能性があります。

2、管腔狭窄または閉鎖(20%):

先天性腺管狭窄あるいは閉鎖により、腺腔内の液体の排出が滞り、あるいは排出できなくなり、嚢胞形成に至る。

3、感染(10%):

感染前庭大腺膿瘍が消退した後、膿液が吸収され、腺腔内の粘液が濃厚で腺管を閉塞する。

二、発病メカニズム

1、嚢胞内容物は透明な粘液であり、漿液性が少ない、嚢胞は単房性であり、穿刺により淡黄色透明粘液を抽出でき、時には血液が混じって赤色或いは赤色を呈し、子宮内膜異所性嚢胞と誤認しやすく、特に嚢壁被覆上皮に偽黄色腫瘍細胞が含まれている時、更に混同しやすい。

2、嚢腫初期の嚢壁は移行上皮をカバーし、嚢液の増加、圧力の上昇に従い、移行上皮は単層立方上皮或いは扁平上皮に変化し、甚だしきに至っては萎縮し、もし続発感染するならば、嚢壁は慢性炎症性結合組織を呈し、甚だしきに至っては肉芽組織を形成する。

  1. 前庭大腺嚢胞のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 前庭大腺嚢胞の合併症、前庭大腺嚢胞はどんな病気を引き起こすのか
  3. 前庭大腺嚢胞の紹介−症状−治療−看護−食事
  4. 前庭大腺嚢胞を予防するにはどうすればよいか、前庭大腺嚢胞のケア策
  5. 前庭大腺嚢胞受診の手引き−前庭大腺嚢胞
分類

お問い合わせ