前庭大腺嚢胞の紹介−症状−治療−看護−食事

前庭大腺嚢胞の紹介−症状−治療−看護−食事

  • 2021-08-12 21:04:03
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 前庭大腺嚢胞受診の手引き−前庭大腺嚢胞
  2. 前庭大腺嚢腫の病因、前庭大腺嚢腫にはどのような原因があるのか

前庭大腺嚢胞の概要

前庭大腺嚢腫は前庭大腺管の開口部が閉塞し、腺体が持続的に分泌することにより形成される貯留性、炎症性嚢腫である。分娩時に膣と会陰外側の損傷時に発生した厳重な瘢痕組織が腺管口を閉塞し、側切の会陰を縫合する時に前庭の大腺管を損傷し、分泌物を排除できなくして腺腔に蓄積し、及び急性炎症、膿腫が消えた後、膿液を次第に吸収し清液に転化するなどの多種の要素はすべて嚢腫を形成することができる。前庭大腺嚢胞は続発的に感染して膿瘍を形成することがある。

,

前庭大嚢胞の基本

  • 医療保険の対象:はい
  • 別名:前庭大腺炎,巴氏腺嚢腫,巴索林嚢腫
  • 発症部位:外陰
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多発層:女性層
  • 関連症状:陰嚢腫大陰嚢腫大外陰下降下感外陰腫大嚢腫
  • 合併疾患:外陰腫瘍外陰表皮様嚢胞

  1. 前庭大腺嚢腫の食事、食事療法、前庭大腺嚢腫は何を食べればいいのか
  2. 前庭大腺嚢胞のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  3. 前庭大腺嚢胞の合併症、前庭大腺嚢胞はどんな病気を引き起こすのか
  4. 前庭大腺嚢胞を予防するにはどうすればよいか、前庭大腺嚢胞のケア策
  5. 前庭大腺嚢腫の検査および前庭大腺嚢腫の診断

お問い合わせ