前庭大腺嚢腫の診断と鑑別-前庭大腺嚢腫は混同しやすい疾患

前庭大腺嚢腫の診断と鑑別-前庭大腺嚢腫は混同しやすい疾患

  • 2021-08-12 21:06:13
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 前庭大腺嚢腫の病因、前庭大腺嚢腫にはどのような原因があるのか
  2. 前庭大腺嚢腫の検査および前庭大腺嚢腫の診断

一、診断

出産適齢期の女性に出現した片側大陰唇下端嚢性腫瘍、明らかな自覚症状がなく、穿刺に粘液があり、性刺激がその大きさに影響するのはその特徴であり、病理検査で確定診断でき、嚢腫の位置する部位と外観あるいは局部に炎症徴候がないなどの特徴から、一般に診断が難しくなく、必要な時に局部穿刺を実行し、その内容物は前庭大腺炎と膿腫、リンパ浮腫などと鑑別できる。

二、鑑別

大陰唇、鼠径部ヘルニアと鑑別:ヘルニアは鼠径部環とつながっており、圧迫時に復位して消失し、咳時に腫塊衝動を感じ、下に息を止める時に腫塊が少し膨張し、叩くと鼓音があり、過度に力を使う時、よく突然出現する。

また、前庭大腺炎、子宮内膜症嚢胞、傍尿道腺膿瘍、リンパ浮腫と鑑別すべきである。

  1. 前庭大腺嚢腫の食事、食事療法、前庭大腺嚢腫は何を食べればいいのか
  2. 前庭大腺嚢胞のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  3. 前庭大腺嚢胞の合併症、前庭大腺嚢胞はどんな病気を引き起こすのか
  4. 前庭大腺嚢胞の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 前庭大腺嚢胞を予防するにはどうすればよいか、前庭大腺嚢胞のケア策

お問い合わせ