前庭大腺嚢腫の治療方法,前庭大腺嚢腫の治療方法,前庭大腺嚢腫の治療方法,前庭大腺嚢腫の治療薬

前庭大腺嚢腫の治療方法,前庭大腺嚢腫の治療方法,前庭大腺嚢腫の治療方法,前庭大腺嚢腫の治療薬

  • 2021-08-12 21:06:37
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 前庭大腺嚢腫の症状、前庭大腺嚢腫の初期症状、徴候
  2. 前庭大腺嚢胞受診の手引き−前庭大腺嚢胞

前庭大腺嚢胞の診療知識

受診科:婦人科治療費用:異なる病院の料金基準は一致せず、市三甲病院は約(3000-5000元治愈率:治療周期:治療方法:薬物治療、手術治療前庭大嚢胞の一般的な治療

一、手術治療:

1、比較的小さい嚢胞は手術を必要とせず、定期的にフォローアップする。比較的に大きい嚢腫、明らかな症状がある或いは繰り返し疼痛、膿腫形成は切開ドレナージ手術を行うべきで、術後に腺体の機能を維持することができる。現在、前庭大腺嚢胞切開術を多く行い、従来の嚢胞剥離法に取って代わった。この方法は簡単で、損傷が小さく、出血が少なく、腺の機能を保留することができる。しかし、ストーマは十分に大きくなければならず、ストーマの後にドレーンを入れ、毎日過酸化水素(過酸化水素)あるいは2%ヨードホルムで嚢腔を1回、計3〜4回洗浄し、術後の癒着閉鎖を防止し、再び嚢胞を形成する。

2、術後に1:5000過マンガン酸カリウム溶液を用いて座って浴し、抗生物質を予防的に応用するか、2%ヨードと0.5%メトロニダゾール溶液を交互に洗浄する。ヨードボルトのスライバーで詰め、2〜3日ごとに交換した。

二、その他の特殊治療:

近年、CO2レーザーを用いてストーマ治療を行い、治療率が高く、不良反応がなく、操作が簡便で、治療時間が短い。患者は外来で治療することができ、創面を縫合する必要がなく、入院する必要がない。レーザーの高熱効果は組織細胞を迅速に凝固、炭化させることができるため、レーザーはヘモグロビンに親和性があり、従って比較的に良い凝血作用があり、術中及び術後の出血が少なく、腺体の正常な機能を保留することができ、性生活の質に影響がなく、術後に感染がなく、抗生物質を用いる必要がない。

  1. 前庭大腺嚢腫の食事、食事療法、前庭大腺嚢腫は何を食べればいいのか
  2. 前庭大腺嚢腫の病因、前庭大腺嚢腫にはどのような原因があるのか
  3. 前庭大腺嚢胞の紹介−症状−治療−看護−食事
  4. 前庭大腺嚢胞を予防するにはどうすればよいか、前庭大腺嚢胞のケア策
  5. 前庭大腺嚢腫の診断と鑑別-前庭大腺嚢腫は混同しやすい疾患
分類

お問い合わせ