前庭大腺嚢胞受診の手引き−前庭大腺嚢胞−

前庭大腺嚢胞受診の手引き−前庭大腺嚢胞−

  • 2021-08-12 21:07:28
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 前庭大腺嚢胞の紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 前庭大腺嚢腫の診断と鑑別-前庭大腺嚢腫は混同しやすい疾患
前庭大腺嚢腫受診コンパスは前庭大腺嚢腫患者が病院を受診する時に現れる疑問に対して解答を行い、例えば:前庭大腺嚢腫は何科の番号をかけますか?前庭大嚢胞検査前の注意事項は?医者は普通何を聞きますか。前庭大腺嚢腫はどれらの検査をしますか。前庭大腺嚢腫の検査の結果はどう見ますか。待ってくれ。前庭大腺嚢腫の診察ガイドラインは前庭大腺嚢腫患者の診察を便利にし、前庭大腺嚢腫患者の診察時の疑惑問題を解決することを目的とする。
典型的な症状
陰嚢の腫れ、陰嚢の腫れ、外陰の落下感
診療科の受診を勧める
婦人科
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は1日、再診は半日ずつ予約する
再診頻度/診療期間
外来診療:毎週再診して陰嚢の腫大が減少した後、不調を伴って診察した。重症者は入院治療し、陰嚢腫脹が緩和した後、外来治療に移る必要がある。
診察前の準備
特別な要求はなく、注意して休む。
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、性交不調などの付随症状の有無?
4、不潔な性交歴はありますか?
5、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査結果は何ですか。
6、治療はどうでしたか?
7、薬物アレルギー歴はありますか?
重点点検項目
1.通常の検査
嚢胞の位置、外観、大きさを検査し、局部触診を行い、必要な時に局部穿刺を実行し、その内容と膿瘍を鑑別する。
2.病理検査
病理検査では嚢内壁は立方上皮、鱗状上皮あるいは移動上皮で覆われていた。膿瘍は急性感染過程において、組織、器官あるいは体腔内に病変組織の壊死、液状化により出現した限局性膿液の蓄積であり、周囲に完全な膿壁がある。
しんだんきじゅん
嚢腫の位置及び外観と局部触診による炎症所見がないことにより診断でき、必要な時に局部穿刺を行い、膿腫と鑑別し、切除した嚢腫は病理検査により確定診断できる。


  1. 前庭大腺嚢腫の食事、食事療法、前庭大腺嚢腫は何を食べればいいのか
  2. 前庭大腺嚢胞のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  3. 前庭大腺嚢胞の合併症、前庭大腺嚢胞はどんな病気を引き起こすのか
  4. 前庭大腺嚢胞を予防するにはどうすればよいか、前庭大腺嚢胞のケア策
  5. 前庭大腺嚢腫の検査および前庭大腺嚢腫の診断
分類

お問い合わせ