副神経障害の症状、副神経障害の初期症状、バイタルサイン

副神経障害の症状、副神経障害の初期症状、バイタルサイン

  • 2021-07-24 15:58:49
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 副神経損傷の検査、副神経損傷の診断
  2. 副神経障害の食事、食事療法、副神経障害は何を食べればいいのか

神経損傷症状

典型的な症状:胸鎖乳突筋及び僧帽筋麻痺、頭頚部の後屈及び前屈無力など

関連症状:筋萎縮脳神経麻痺脳幹病変無力症

副神経損傷症状の診断

一、症状

一側副神経脊髄枝の単独損傷またはその脊髄核障害時には、同側胸鎖乳突筋および僧帽筋が麻痺し、萎縮する。反対側胸鎖乳突筋が優位であるため、安静時に下顎を患側に向け、力を入れた時に反対側に頭を向けることができず、患側肩が垂れ下がり、肩をすくめることができず、肩甲骨の位置が偏倚し、それが支配する筋が萎縮する。肩甲骨の変位により、腕神経叢が慢性的に引っ張られ、患側上肢の挙上と外転が制限される。晩期には瘢痕刺激により痙攣性拘縮(斜頸)奇形が発生する。両側損傷の時、患者の頭頸部の後屈及び前屈は無力であった。頭蓋底骨折或いは銃弾損傷による副神経損傷、頸静脈孔区病変、後頭骨大孔区病変、脳橋小脳角巨大病変及び頭蓋底広汎性病変による副神経損傷及び延髄核性麻痺は常に後群脳神経及び他の脳神経損傷と同時に出現する。脳幹核性麻痺の場合、脳神経の障害は常に多群および両側性である。

二、診断

1.ポジショニング診断

(1)副神経脊髄支頚部損傷の診断:頚部手術後に肩の不快感、無力あるいは疼痛が出現し、肩をすくめるのが困難で、肩を上げて90°以下で、肩が垂れて、引っ張り感があり、僧帽筋が萎縮して、その他の筋力と感覚は正常である。筋電図検査では僧帽筋と胸鎖乳突筋の機能異常を認めた。

(2)副神経頭蓋底区及び脳幹核性損傷の診断:頭蓋底骨折、頭蓋底区腫瘍或いはその他の病変による副神経の単独損害は極めて稀であり、一側後群の脳神経は多く同時に受け、病変の部位と性質によって他の脳神経損害のバイタルサインを合併することができ、脳幹病変による副神経損害は多く同時に延髄性麻痺と表現する。CTやMRIなどの画像検査は原発疾患の診断に役立つ。

2.合併損傷の診断

診断中に副神経単純性損傷か、他の脳神経損傷を合併するかを明確にすべきである。もし後群脳神経及びその他の脳神経障害と同時に出現するならば、表現することができる:

(1)Avellis症候群:迷走神経と副神経内側枝損傷。

(2)Jackson症候群:迷走神経、副神経及び舌下神経障害。

(3)Schmidt症候群:迷走と副神経障害。

(4)Collet−Sicard症候群:舌咽神経、迷走神経、副神経、舌下神経麻痺。

(5)頸静脈孔症候群(Vernet症候群):舌咽神経、迷走神経、副神経脳神経麻痺。

(6)その他:橋小脳角症候群、後頭骨大孔区症候群、側方頭蓋底症候群(Garcin症候群またはGuillain−Garcin症候群、完全型または不完全型)など。

3.原因診断

副神経損傷の原因を探る。

  1. 副神経損傷の原因、副神経損傷にはどのような原因があるのか
  2. 副神経損傷の治療方法,副神経損傷の治療方法,副神経損傷の治療薬
  3. 副神経損傷の紹介−症状−治療−看護−食事
  4. 副神経損傷をどのように診断し鑑別するか−副神経損傷は混同しやすい疾患である
  5. 副神経障害のケア−ケアの注意点−食事のタブー

お問い合わせ