「功血」の治療法、「功血」の治療法、「功血」の治療法

「功血」の治療法、「功血」の治療法、「功血」の治療法

  • 2021-08-12 19:56:35
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 功血の症状、功血の初期症状、バイタルサイン
  2. 功血受診ガイド−功血

功血診療知識

受診科:婦人科中医科治療費用:市三甲病院約(5000-20000元)治癒率:治療方法:薬物治療功血一般治療

一、功血西洋医学治療

一】無排卵型功血の治療

1】一般治療:

1.全身状態を改善し、貧血が重い場合は輸血する

2.十分な休息を確保する

3.流血時間が長い人は、抗生物質で感染を予防する

4.一般的な止血薬を使用する。

2】薬物治療:

止血:ホルモン療法と薬物療法を含む

1.併用薬:

1)出血量があまり多くなく、軽度の貧血のみの者:

月経初日に複方低用量避妊薬を服用し、計21日間、7日間服用を中止した。28日は1周期です。3~6サイクル連続

2)急性大出血者:

複方単相経口避妊薬は、6~8時間ごとに1錠、止血後3日ごとに1/3量を維持量(毎日1錠)まで減少し、21日に中止した。

3)三合成ホルモン:

エストロゲンの併用にアンドロゲンを加えて止血を促進し、例えば三合成ホルモン(プロゲステロン12.5mg、安息香酸エストラジオール1.25mg、テストステロン25mg)の筋注を8~12時間に1回行い、血が止まった後は維持量(3日に1回)まで漸減し、計21日に中止した。

3】チューニング・サイクル:

止血治療の基礎の上で、生殖ホルモンのリズムを模擬し、エストロゲン人工周期療法を用いて、子宮内膜周期の発育と脱落を促進し、HPO軸フィードバック機能を改善し、薬を止めた後に反跳性排卵と規則正しい月経を再建することができる。

4】排卵促進治療:

思春期無排卵型功血、及び出産適齢期女性功血出産希望者に適用し、思春期及び更年期患者は一般的に使用を提唱しない。排卵促進治療は根本的に功血再発を防止できる。

排卵促進治療は生殖ホルモンの測定を指導とし、適切に排卵促進薬物と配合を選択する:①CC-hCG;②hMG-hCG;③GnRHaパルス療法;④ブロモクリプチン療法など。

子宮内膜過形成を抑制する:

癌化を防止し、閉経を誘導することができ、更年期に排卵性機能血に伴う内膜過形成(腺嚢型/腺腫型)がない場合、または子宮筋腫、子宮内膜症を合併している場合に適している。

5】手術治療:

ホルモン療法や薬物療法が無効または再発した場合に適している。

1.スプリンクラー:

未婚の女性を除いて、排卵型或いは排卵型功血の出血がある時にも、子宮を掻き取ることは迅速かつ有効に止血することができ、診療と二重の意義がある。掻爬宮は徹底的に、掻爬物はすべて病理検査に送るべきである。そして、内膜病理により術後5日目から経皮調節治療を開始した。

2.子宮内膜除去術:

頑固性功血のみに用いられ、特に子宮摘出術を禁忌とする者

3.子宮摘出術:

功功血行による子宮摘出術は子宮摘出術の約20%を占め、深刻な貧血者は子宮摘出術を行うことができる。

二】排卵型功血の治療:

原則は月経過の多くを抑制し、黄体機能を補佐し、周期を調整し、再発を防止することである。

1、抑制月経過が多い:

①全周期エストロゲンとプロゲステロンの併用療法;②プロゲステロン周期療法;③妊娠・アンドロゲン療法④アンドロゲン療法:化メチルテストステロン10mg/d×20~22日間、月経周期5日目から経口投与する。またはプロピオン酸テストステロン25mg×2/周、計4周;⑤後半エストロゲン併用療法;⑥プロスタグランジン合成酵素阻害剤⑦抗エストロゲン療法(ダナゾール、エンドメトン、トリフェノキシドなど)。

2、子宮内膜が不規則に脱落する:

排卵後1〜2日目または次の月経前10〜14日からメドロキシプロゲステロン10mgを毎日内服し、10日連続でプロゲステロンの筋注を必要とする出産があった。

3、補助黄体機能

4.卵胞発育促進:黄体機能不足。

5.クロミフェン50mg、月経周期5日目、計5日。

黄体機能刺激療法:基礎体温上昇後に開始し、隔日にhCG1000−2000Uを5回投与し、黄体期を延長した。

黄体機能代替療法:排卵後、プロゲステロン10mgqd im、計10〜14日、プロゲステロン分泌不足を補充した。

6.後半期エストロゲン併用療法;

7.ブロモクリプチン療法。

高プロラクチン血症を合併する患者に適用し、月経周期5日からブロモクリプチン2.5mg/dを内服する;

8.デキサメタゾン療法。

高アンドロゲン血症を合併した者に適用し、0.5mg/d。

功血弁証論治

二、功血漢方治療

機能不全性子宮出血は漢方医学の「崩漏」の範疇に属する。本症の主な発生機序は、突発損傷のため、固相撮影ができないことである。冲任損傷の原因は、多くは気虚、気郁、血おなどである。

一】迅速な止血治療、漢方薬による治療に続く

血が止まった後あるいは血量が減少した後、臨床表現によって、弁証的に治療することができる。血熱者は清熱固衝し、気虚者は健脾益気固衝し、腎虚者は腎固衝し、血お者はきょお調経の法を用い、澄源固本する。

この方法は西洋医学の治療止血が迅速で、漢方薬の治療効果が堅固で持続的なそれぞれの優位性を採用して、出血という指標を緩和すると同時に、漢方薬の治療に有利なタイミングと条件を創造した。このような中国医学と西洋医学を結合した治療方法は、中国医学と西洋医学の長所を発揮し、短期、長期の治療効果は比較的に満足している。

二)益気固冲止血薬と抗線溶薬物の連合応用

思春期の功血を治療する

主な症状は大量の出血或いは淋漓の不浄、経血色薄、顔色蒼白或いは浮薄、体倦怠、四肢不温、息短怠言、胸部圧迫感、軟便。治療の原則は益気固本、養血止血である。

そのため、この病気は益気因衝止血と抗線溶薬物の連合治療を行うことができる。

益気固衝止血方法は固衝湯を基本処方とした。薬;白じゅつ20g、オウギ35g、キョウガ20g、カキ20g、ビャクシャク25g、アカネ15g、イイダコ15g、シュロ炭25g、ワレモコウ25g、ヒノキ炭15g、オオアザミ15g、アカゲザクラ4Og、続切20gであった。水煎服。云南白薬1g、日3回用上薬で服用;抗線溶薬:止血シクロ酸0.4gに10%ブドウ糖液40〜50mlを加え、静注した。安絡血10mg、日2回筋注、あるいは安絡血片10mg、日3回内服することもできる。ふたつの治療法を併用する。この中国医学と西洋医学の結合方法は思春期の功血を治療し、治療効果は比較的に良い。

三、扶正益気と支持療法の結合、

身体の病気に対する抵抗力を増強する

経間期出血、量が少なく、色も紫、小さな血塊があり、下腹部の痛みは抑えられず、情志は抑うつ、舌質も紫或いはあざ点、脈は渋い。

一般選択用十全大補湯(丸)、八珍湯、人参養栄湯(丸)、帰脾湯、人参帰脾丸;支持療法:低用量で、新鮮全血に間歇的に負け、100〜200mlずつ週1回、3週間連用し、両方法を同時に行った。上記の治療により機体の状態が改善され、それをもとに次の治療を行うと、大半が奏功する。

  1. 功血のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 功血の紹介−症状−治療−看護−食事
  3. 機能性血液の合併症、機能性血液がどんな病気を引き起こすか
  4. 機能性血液の診断・鑑別-機能性血液は混同されやすい疾患
  5. 機能性血液検査、機能性血液診断

お問い合わせ