功血受診ガイド−功血

功血受診ガイド−功血

  • 2021-08-12 19:57:14
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 功血の紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 機能性血液の診断・鑑別-機能性血液は混同されやすい疾患
功血受診コンパスは功血患者が病院に受診する時に現れる疑問に対して解答を行い、例えば:功血は何科の番号をかけますか?功血検査前の注意点は?医者は普通何を聞きますか。功血はどのような検査をしますか?功血検査の結果はどう思いますか。待ってくれ。功血受診ガイドラインは功血患者の診察を便利にし、功血患者の受診時の疑惑問題を解決することを目的とする。
典型的な症状
思春期の功血腹痛子宮出血
診療科の受診を勧める
婦人科、漢方医科
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は1日、再診は半日ずつ予約する
再診頻度/診療期間
外来治療:毎週再診して腹痛が緩和した後、不調を伴って診察した。重症者は入院して子宮出血が軽減した後、外来治療を受ける必要がある。
診察前の準備
特別な要求はなく、注意して休む。
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、月経が少ないなどの症状を伴う?
4、不潔な性交歴はありますか?
5、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査結果は何ですか。
6、治療はどうでしたか?
7、薬物アレルギー歴はありますか?
重点点検項目
1.膣細胞診
女性の生殖器は、外陰、膣、子宮、卵管、卵巣で構成される。膣細胞学検査は膣、子宮頸部あるいは子宮内膜の脱落細胞を塗抹標本検査する方法である。子宮口を中心とした子宮頸部脱落上皮細胞を採取し、パース染色後、顕微鏡下で細胞の大きさ、形態、核形質の比率及び核の構造により、子宮頸部病変の性質を初歩的に確定することができる。これにより、処理措置と更なる検査の要否が決定される。それは主に女性生殖系悪性腫瘍の全面検査に用いられ、がん予防全面検査のスクリーニングの重要な手段の一つである。
2.子宮頸粘液検査
子宮頸部粘液は子宮頸部腺からの分泌物である。正常な卵巣機能を有する出産適齢女性は卵巣性ホルモンの影響下で、子宮頚粘液の物理的、化学的性状は周期的に変化する。臨床では子宮頚粘液検査により子宮頚粘液結晶変化及び粘液伸線試験を観察し、卵巣機能を理解する。
3.排卵予測試験紙
排卵予測試験紙は主に女性体内の黄体形成ホルモン(LH)というホルモンを測定し、黄体形成ホルモンのピークレベルを検出し、女性が最適な受胎や避妊の時期を予知できるようにする。
しんだんきじゅん
一、病歴個人の発育歴と月経歴(初潮年齢、周期、月経期、経量、随伴症状とバイタルサイン)、病因と誘因、発病情況、診療過程を詳しく調べ、特に使用するホルモンと薬物の名称、用量、治療効果、ホルモン測定と内膜掻爬の病理結果に注意すべきである。二、身体検査は全身栄養状況に注意し、貧血、血液病、出血疾患の症状(出血点、あざ、紫斑と黄疸)の有無、リンパ節と甲状腺と乳房の検査を行った。たらい腹腔の腫れ物の有無や肝脾の腫れの有無など。三、婦人科の検査で未婚女性は肛門腹部の診察のみを行った。既婚女性は通常3合診検査を行うべきである。出血量、出所、性質、子宮頸部、子宮、卵巣に腫瘍、炎症、子宮内膜症などの器質病変の有無を注意して観察する。肛門検査で後骨盤腔と直腸の情況を調べた。四、補助検査目的卵巣機能(排卵と黄体機能)と子宮内膜組織の病理変化を理解する。(一)診断性子宮掻爬:排卵を監視したい場合は月経前1〜2日或いは月経前6時間以内に掻爬と診断する。機能性血液のタイプを確定するには、経5日後に掻き傷を診断すべきである。傷の診断は診療の二重の意義を兼ねているため、必ず徹底的に全面的で、特に両側の宮角部に注意しなければならず、傷が出たものはすべて検査に送るべきである。未婚の少女を除いて、傷を診察することは功血診療の必須ステップである。(二)排卵と黄体機能のモニタリング1.基礎本温(BBT):双相型曲線は排卵があり、高温相の短縮( 【小于】 8日間)あるいは不安定は黄体機能障害に見られることを示した。単相型曲線は排卵がないことを示唆した。2.膣細胞学と子宮頸部粘液機能(数量、粘稠度、伸糸度と結晶型)検査:排卵と黄体機能を評価する。3.ホルモン測定:FSH、LH、PRL、E2、P、TO、17KS、17OHCS、T3、T4などを含む。4.超音波検査:卵胞発育、排卵と黄体情況を観察し、卵巣腫瘍を排除した。(三)血液と凝固、線溶機能検査:ヘモグロビン、赤血球、白血球、血球圧積、凝固時間、プロトロンビン時間、血清鉄測定と必要な場合骨髄穿刺検査を含む。(四)肝腎機能検査:総蛋白、A/G、トランスアミナーゼ(GOT、GPT、γ-GT)ビリルビン、Bを含むUN、血糖値、血中脂質測定。


  1. 功血」の治療法、「功血」の治療法、「功血」の治療法
  2. 功血のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  3. 功血の症状、功血の初期症状、バイタルサイン
  4. 機能性血液の合併症、機能性血液がどんな病気を引き起こすか
  5. 機能性血液検査、機能性血液診断
分類

お問い合わせ