機能性血液検査、機能性血液診断

機能性血液検査、機能性血液診断

  • 2021-08-12 19:57:40
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 功血の食事」「食事療法」「功血は何を食べたらいいのか」
  2. どうやって功血を予防するか、功血のケアの取り組み

機能性血液検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
排卵予測試験紙その他婦産生殖健康排卵予測試験紙...
子宮卵管造影法子宮卵管産婦子宮卵管造...
膣細胞学検査----膣細胞学検査...
子宮頸部粘液検査子宮婦人科検査科リプロダクティブ・ヘルス子宮頸部粘液検査...
TCT子宮婦人病理科腫瘍子宮頸部TCT検査は...
性ホルモン六項全身その他生殖健康性刺激を測定することで...
功血検査

目的卵巣機能(排卵と黄体機能)と子宮内膜組織の病理変化を調べる。

(1)診断性掻爬:

診断性子宮掻爬は子宮内膜反応を理解し、子宮腔内病変を除外し、止血の目的を達成することができる。思春期に器質性病変或いは悪性疾患を患う患者は稀であり、一般的に診断性掻爬術を用いて診断に協力する必要がない。排卵を監視するには月経前1〜2日或いは月経前6時間以内に掻爬を行うべきである。機能性血液のタイプを確定するには、経5日後に掻き傷を診断すべきである。傷の診断は診療の二重の意義を兼ねているため、必ず徹底的に全面的で、特に両側の宮角部に注意しなければならず、傷が出たものはすべて検査に送るべきである。未婚の少女を除いて、傷を診察することは功血診療の必須ステップである。

(二)排卵と黄体機能のモニタリング

1、基礎ベン温度(BBT):

双相型曲線は排卵、高温相短縮( 【小于】 8日間)または不安定が黄体機能障害に見られることを示した。単相型曲線は排卵がないことを示唆した。

(1)無排卵型功血基礎体温は単相型を呈する

(2)黄体機能不全基礎体温は双相型を呈したが、上昇は緩慢で、黄体期は比較的短い。

(3)黄体萎縮不全基礎体温は双相型を呈したが、体温低下は遅延あるいは徐々に低下した。

2.膣細胞学と子宮頸部粘液機能

(数量、粘度、伸線度、結晶型)検査:排卵と黄体機能を評価する。

3.ホルモン測定:

排卵の有無や黄体の状態を知ることができる。FSH、LH、PRL、E2、P、TO、17KS、17OHCS、T3、T4などを含む。

4.超音波検査:

卵胞発育、排卵と黄体情況を観察し、卵巣腫瘍を排除する。

(三)血液と凝血、線溶機能検査:

ヘモグロビン、赤血球、白血球、血球圧積、血液凝固時間、プロトロンビン時間、血清鉄測定と必要な場合骨髄穿刺検査を含む。

(4)その他の検査

甲状腺、副腎および肝機能は、これらの疾患による子宮異常出血を除く。

  1. 功血」の治療法、「功血」の治療法、「功血」の治療法
  2. 功血のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  3. 功血の症状、功血の初期症状、バイタルサイン
  4. 功血の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 功血受診ガイド−功血

お問い合わせ