医原性胆管損傷の看護-看護上の注意-食事療法のタブー

医原性胆管損傷の看護-看護上の注意-食事療法のタブー

  • 2021-10-26 09:58:52
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 医原性胆管損傷を診断および区別する方法-医原性胆管損傷は簡単に混乱します
  2. 医原性胆管損傷検査、医原性胆管損傷の診断


医原性胆管損傷の一般的なケア

医原性胆管損傷の看護

予後:胆道損傷の致死率は約5%であり、障害者は非常に一般的です。損傷を修復できない場合、発作性胆管炎と続発性肝疾患は避けられません。狭窄を矯正する手術の成功率は90%です。狭窄を治療するいくつかの医療センターでは、彼らの経験は、以前に何度も閉塞から解放されたことがない患者もより良い結果を達成できることを示唆しています。したがって、そのよう病気のために肝移植を考慮する必要はありません。

  1. 医原性胆管損傷、食事療法、食事療法、医原性胆管損傷のために何を食べるか
  2. 医原性胆管損傷の原因、医原性胆管損傷の原因は何ですか
  3. 医原性胆管損傷の合併症、医原性胆管損傷によって引き起こされる可能性のある疾患
  4. 医原性胆管損傷の概要-症状-治療-看護-食事療法
  5. 医原性胆管損傷の治療、医原性胆管損傷の治療、医原性胆管損傷の治療
分類

お問い合わせ