卵管性不妊の原因、卵管性不妊にはどのような原因があるのか

卵管性不妊の原因、卵管性不妊にはどのような原因があるのか

  • 2021-09-11 07:43:39
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 卵管性不妊治療法卵管性不妊治療法卵管性不妊治療法
  2. 卵管性不妊検査、卵管性不妊診断

卵管性不妊の原因

卵管性不妊疾患の原因

付属器炎、化膿性虫垂炎結核性腹膜炎肺結核子宮内膜症を患った患者、不完全流産、人工流産術後の発熱、腹痛と産褥感染がある患者、淋病などの性病患者及び卵管奇形がある患者は、いずれも卵管機能異常を招く可能性があり、卵管性不妊を患っている。

卵管貯留

卵管貯留とは、病原体が卵管に感染した後、卵管は白血球の浸潤により腫脹した内膜を形成し、間質浮腫、粘膜上皮の脱落をきたし、速やかかつ効果的な治療が行われないと卵管貯留の膿が形成されることをいう。炎症が消退すると、腔内の貯留液は次第に膿性になり漿液性に変化する。

卵管閉塞

多くの場合、卵管閉塞の患者が病院で確認検査を受けた時点で慢性感染状態に進行し、慢性間質性卵管炎を呈していた。この時点で卵管壁はリンパ球に浸潤しており、粘膜の上皮細胞も肥大しており、時間が経つと組織が線維化し、卵管が太くなったり、丸まったりする。これらは最終的には不妊につながります。

卵管炎

厳重な卵管炎症は卵管が完全に不通になり、一部の炎症は卵管の管腔の閉塞を引き起こさないが、内膜は炎症により破壊され、内膜細胞の繊毛運動に影響を与え、しかも瘢痕形成により卵管壁が硬直し、卵管蠕動に影響を与える。精子と卵子の出会いと輸送に影響を与え、不妊を引き起こす。卵管炎はまた卵管周囲器官或いは組織の炎症により続発することができ、特に卵管傘部或いは卵巣周囲に炎症性癒着を形成し、卵管傘部は排出した卵細胞を卵管内に吸入することができず、精子と出会うことができ、例えば化膿性虫垂炎、結核性腹膜炎である。

もし一旦付属器炎、化膿性虫垂炎、結核性腹膜炎、肺結核、子宮内膜症を患った患者、不完全流産、人工流産術後の発熱、腹痛と産褥感染がある患者、淋病などの性病患者及び卵管奇形がある患者は、いずれも卵管機能異常を招き、卵管性不妊を患う可能性がある。

卵管癒着

女性の卵管が癒着すると卵管が不通になるが、卵管が完全に癒着していれば自然受胎の機会はなく、急性期には腹部不快感がある可能性がある。ここ数年来、子宮腔感染、性伝播疾患、子宮内膜症などの疾患は絶えず増加しているため、各種の炎症により卵管の局所組織が増殖し癒着する場合があるが、卵管閉塞が発生すると、卵子が受精しても子宮に入ることができず受胎できず、卵管内で発育すると危険な子宮外妊娠になる可能性がある。

卵管炎

急性卵管炎病変は内膜炎症が主であり、急性骨盤炎からの病変は広い。卵管などの組織は充血して滲出し、腔内の膿性滲出物などは骨盤腔に流入し、骨盤腔腹膜炎を引き起こし、重い者は骨盤腔膿腫を形成する。炎症が卵巣に広がり、卵管卵巣炎や膿瘍を形成する;もし卵管傘部が癒着し閉鎖する時に卵管積膿を形成することができ、多くは慢性炎症の急性発作に見られる。急性炎症の滲出物である膿液中や粘膜面に原因微生物がよく検出される。急性炎症の治療が間に合わない、あるいは治療が徹底しないと、慢性卵管炎に転化することがある;慢性卵管炎症の急性発作は急性炎症として現れる。肉眼では卵管が赤く腫れ、骨盤内臓器も充血水腫滲出などの炎症変化を呈し、卵管を圧迫すると膿液が流出し、卵管卵巣などの骨盤内膿腫の変化が見られる可能性がある。

  1. 卵管性不妊の食事、食事療法、卵管性不妊は何を食べればいいのか
  2. 卵管性不妊の受診ガイドライン−卵管性不妊
  3. 卵管性不妊の合併症、卵管性不妊はどんな病気を引き起こすのか
  4. 卵管性不妊の症状、卵管性不妊の初期症状、バイタルサイン
  5. 卵管性不妊の紹介−症状−治療−看護−食事
分類

お問い合わせ