卵管性不妊をどう予防するか、卵管性不妊のケア策

卵管性不妊をどう予防するか、卵管性不妊のケア策

  • 2021-09-11 07:44:26
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 卵管性不妊の合併症、卵管性不妊はどんな病気を引き起こすのか
  2. 卵管性不妊治療法卵管性不妊治療法卵管性不妊治療法

卵管性不妊予防

卵管性不妊予防

1.膣感染の予防

病気の発生と進行には一つの過程があります、一つの原因があり、卵管感染性疾病は主に陰(陰)道炎、子宮内膜炎などの予防に努力すべきで、特に陰(陰)道感染は多くの生殖系統疾病の肝心な「門戸」であり、生殖系統の保護を重視し、性生活衛生に注意し、性伝播疾病を防止することは、極めて重要な一環である。

2.人工妊娠中絶への慎重さ

人工妊娠中絶も卵管不通の主な原因である:人工妊娠中絶時に機械的あるいは薬物的刺激により、子宮平滑筋は強直性収縮し、子宮腔の内容物は子宮口方向に移動するだけでなく、同時に卵管腔にも入り、卵管腔に入った組織は滞留しやすく機化しやすく、卵管腔が完全に閉塞されれば不妊を形成し、半閉塞状態になり、卵管が通っていてもうまくいかなければ子宮外妊娠を形成しやすい。だから最後に出産する前に流産を慎むべきである。もう一つは生殖系炎症と盆腹腔炎症があることを発見し、積極的に専門医に行って効果的な治療を行うべきである。卵管不通の原因としては、不妊症を診療する過程で、不当かつ過度な診療が原因となることが多い。例えば、いくつかの小さい診療所で繰り返し卵管通と清宮治療などを行う。

3.炎症の予防

卵管閉塞の主な原因は、卵管炎による卵管の管腔の閉塞や骨盤炎による傘端の閉塞などの炎症である。そのため、生殖系の清潔衛生に注意し、各種病原体(特に性伝播疾病)の感染を予防することは最も肝心なことである。そのほか、子宮外妊娠の実際の大部分も炎症による卵管の部分閉塞によるものであり、子宮外妊娠が発生した後、開腹して卵管を切除することを避け、できるだけ腹腔鏡下で卵管の窓を開け、情況が許せば、保存療法を採用することができ、このように卵管を保留することができる。

4.速やかに確定診断を受け、速やかに治療する

すぐに感染を確認する方法はさまざまだ。卵管通気試験、卵管通水試験、子宮卵管造影、子宮卵管超音波検査、内視鏡(腹腔鏡、子宮鏡、卵管鏡)、放射性核種による子宮卵管造影などの検査は一般の専門病院で行うことができて、もし必要ならば、また開腹探査を行うことができて、とにかく直ちに明確に診断することができる。早期に明確に診断することは、病状の進行を制御するのに一定のメリットがある。

  1. 卵管性不妊の食事、食事療法、卵管性不妊は何を食べればいいのか
  2. 卵管性不妊の原因、卵管性不妊にはどのような原因があるのか
  3. 卵管性不妊の受診ガイドライン−卵管性不妊
  4. 卵管性不妊の症状、卵管性不妊の初期症状、バイタルサイン
  5. 卵管性不妊の紹介−症状−治療−看護−食事

お問い合わせ