卵管性不妊検査、卵管性不妊診断

卵管性不妊検査、卵管性不妊診断

  • 2021-09-11 07:47:02
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 卵管性不妊の紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 卵管性不妊の原因、卵管性不妊にはどのような原因があるのか

卵管性不妊のよくある検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
エックス線ヨウ素油造影法卵管子宮婦人科腫瘍造影剤によると...
卵管メチレンブルー流暢試験子宮腹部婦人科生殖健康卵管メチレンブルー...
卵管フェノールスルホンフタレイン試験子宮婦人科生殖健康卵管フェノールスルホンフタレイン...
卵管流暢検査卵管婦人科検査科リプロダクティブ・ヘルス卵管開存検査...
卵管鏡卵管婦人科生殖健康卵管鏡は...
生育鏡膣骨盤婦人科理科検査科生殖健康保健科不妊鏡の作用は...
不妊検査女性生殖男性生殖全身生殖健康不妊検査...
子宮卵管造影法子宮卵管産婦子宮卵管造...
卵管性不妊検査

卵管不妊検査は一般的に卵管通と卵管造影を採用し、両者の違いは主に:

輸卵管通液は一定の盲目性が存在し、通水する前に医師は輸卵管腔内の情況を理解せず、患者の輸卵管捻挫、或いは輸卵管腔癒着、梗塞の有無を知らないため、圧倒的多数の不妊女性にとって、輸卵管通液は有効ではなく、軽度の癒着にのみ有用である。もし最初に液体が抜けなかったら、何度も卵管通液治療を行っても効果はありません、しかも反復通液は卵管自身の蠕動能力と繊毛の振盪能力を破壊することができ、一回の通液は一回の感染の機会を増加し、特に消毒が厳格でない場合の多くはもともと卵管の炎症はとても深刻ではなく、通液後更に加重するかもしれない。

卵管が流暢かどうかを確定診断することは卵管造影検査を行うことができ、卵管造影検査は卵管が流暢かどうか及び閉塞の部位を直観的に理解することができるだけでなく、また子宮腔の大きさ、形態、奇形の有無及び子宮腔癒着或いは占拠性病変の有無を観察することができる。特に卵管閉塞部位の判断及び指導治療方案の選択に肯定的な意義がある。また、画像は鮮明かつ永久保存が可能であり、治療前後の対照に便利である。この検査は比較的に安全で、麻酔を必要とせず、明らかな苦痛がなく、患者に受け入れやすく、そして専門医に次の治療根拠を明確に提供することができる。

  1. 卵管性不妊の食事、食事療法、卵管性不妊は何を食べればいいのか
  2. 卵管性不妊治療法卵管性不妊治療法卵管性不妊治療法
  3. 卵管性不妊の受診ガイドライン−卵管性不妊
  4. 卵管性不妊の合併症、卵管性不妊はどんな病気を引き起こすのか
  5. 卵管性不妊の症状、卵管性不妊の初期症状、バイタルサイン

お問い合わせ