原発性網膜色素変性の食事、食事療法原発性網膜色素変性は何を食べればいいのか

原発性網膜色素変性の食事、食事療法原発性網膜色素変性は何を食べればいいのか

  • 2021-08-15 04:10:26
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 原発性網膜色素変性症の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 原発性網膜色素変性の病因、原発性網膜色素変性にはどのような原因があるのか

原発性網膜色素変性症の食事は禁物

飲食适当:1はビタミンAを豊富に含む食品を食べます;、2目と肝臓のはっきりした食物を食べるべきである;、3良質の蛋白質を豊富に含むものを食べるべきである。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
鶏の肝鶏肝にはビタミンAが豊富で、正常な成長と生殖機能を維持する作用があり、目を保護し、正常な視力を維持し、目の乾燥や疲労を防ぎ、視力低下を予防する作用がある。。1日200~260グラムが適当で、炒めて食べる。
トマトトマトに含有されるソラニンは、脂質の過酸化を抑制する作用を有し、フリーラジカルの破壊を防止し、網膜黄斑変性を抑制し、正常な視力を維持し、ビタミンA欠乏による視力低下を改善又は予防する作用を有する。1日200~300グラムが適当。毎日食べることができます。
ミルク牛乳は良質のタンパク質とカルシウムとリンなどの多くのミネラル元素を豊富に含んでおり、腸内の栄養の吸収を促進し、腸内のビタミンAの吸収を促進し、免疫力を高め、抗病力を強化することができます。1日350〜500mlが好適である。
食事の禁忌:視力を弱める食べ物を食べることを禁じる、2辛くて刺激的なものを食べることは禁物です。3揚げ物は禁物。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
レタスの茎レタスの中のある物質は視神経を刺激する作用があり、古い本によるとレタスの多食は人の目をこわばらせ、数日間の休食は自然に回復することができるため、ビタミンA不足の患者は目の病気になりやすいので、多食はよくないと記載されている。ビタミンAを豊富に含む食品を食べるのがよい。
唐辛子トウガラシは腸を刺激しやすく、栄養素の吸収に影響を与え、栄養失調を招き、小児の視力の回復及び小児の成長発育に不利である。あっさりしていて消化のよいものを食べるのがよい。
パンケーキ煎餅は油で揚げる食品で、火がつきやすく、目の分泌物が強くなり、視力が弱まり、回復によくない。あっさりしたものを食べるのがよい。
原発性網膜色素変性症の食事の原則

原発性網膜色素変性ダイエット

1、食事への注意

網膜色素変性症患者は普段、トウガラシ、タバコ、酒、ニンニク、ショウガなどの食事を控え、あっさりした食事がよく、ビタミンAが豊富な食事がよい。いくつかの一般的な方法を紹介します:

2、食事療法の方

1)豚レバー、牛レバー、羊レバー

例:豚の肝、牛の肝あるいは羊の肝を取って炒めたり煮たりする。1日2~3回で、1月は1クール。説明:当方は辛くて刺激的なものを食べるのを禁じるべきである。

2)豚肝20g、夜明砂5g。

使用法:豚の肝をいくつか切り、夜明砂と一緒に蒸した後(塩を加えない)、ぬるま湯で夜明砂を洗い流して食べることができ、毎晩1回。 【小于】 /

  1. 原発性網膜色素変性のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 原発性網膜色素変性の合併症、原発性網膜色素変性がどんな病気を引き起こすのか
  3. 原発性網膜色素変性の症状、原発性網膜色素変性の早期症状、徴候
  4. 原発性網膜色素変性の診断と鑑別−原発性網膜色素変性の紛らわしい疾患
  5. 原発性網膜色素変性を予防するにはどうすればよいか原発性網膜色素変性のケア策
分類

お問い合わせ