原発性網膜色素変性症の紹介−症状−治療−ケア−食事

原発性網膜色素変性症の紹介−症状−治療−ケア−食事

  • 2021-08-15 04:07:07
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 原発性網膜色素変性の食事、食事療法原発性網膜色素変性は何を食べればいいのか
  2. 原発性網膜色素変性の病因、原発性網膜色素変性にはどのような原因があるのか

原発性網膜色素変性の概要

原発性網膜色素変性(primary pigmentary degeneration of retina)は比較的によく見られる毛布層-網膜変性である。感光細胞及び色素上皮機能の喪失を共同表現とする遺伝性網膜変性疾患であり、一種の比較的によく見られる絨毯−網膜変性(tapetoretinal degeneration)であり、世界範囲内でよく見られる盲目性眼疾患でもある。この病気はよく児童或いは少年の早期に発生し、思春期に症状が加重し、視野が次第に収縮し、中年或いは老年に至り、黄斑が累を受けて中心視力が減退し、甚だしきに至っては重度の障害で失明する。少数の患者は発病が非常に遅いが、大多数は30歳以前に発病する。通常は両眼発病である。他の臓器の疾患を伴ったり、全身症候群の症状の一つになったりすることもある。中国の一部地域の調査資料によると、集団罹患率は約1/3500である。

,

原発性網膜色素変性の基礎知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 発症部位:眼
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多発している人:小児または少年の早期
  • 関連症状:色覚異常眼底変化水晶体混濁視力障害色覚異常
  • 合併疾患:白内障難聴緑内障

  1. 原発性網膜色素変性のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 原発性網膜色素変性の合併症、原発性網膜色素変性がどんな病気を引き起こすのか
  3. 原発性網膜色素変性の症状、原発性網膜色素変性の早期症状、徴候
  4. 原発性網膜色素変性の診断と鑑別−原発性網膜色素変性の紛らわしい疾患
  5. 原発性網膜色素変性を予防するにはどうすればよいか原発性網膜色素変性のケア策

お問い合わせ