合併症白内障の症状、合併症白内障の早期症状、バイタルサイン

合併症白内障の症状、合併症白内障の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-15 07:34:57
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 合併症白内障の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 合併症白内障合併症合併症白内障はどんな病気を引き起こすのか

合併症白内障症状

初期症状:水晶体の嚢膜が厚くなっているかひだ状になっており、時に瞳孔領域に線維性血管膜を形成し、水晶体の前嚢膜に密着している

末期症状:末期には水晶体全体を混濁させ、病気経過が冗長であるにもかかわらず、虹彩後癒着を伴わない。

関連症状:水晶体しわ状虹彩異色緑内障

合併症白内障症状の診断

1.症状:

1.前眼節疾患に関連する合併性白内障:

1)虹彩毛様体炎は合併性白内障の最も一般的な原因である。

典型的な混濁は水晶体後極部に生じることがあり、前部瞳孔後癒着の近くにもよく見られる。病変の進行が遅く、局所の炎症が制御され、混濁が進行することなく長期的に安定することができる。反復発作の慢性症例では、広範な瞳孔後癒着以外に、水晶体嚢膜の肥厚や皺を合併することが多く、時には瞳孔領域に線維血管膜が形成され、水晶体前嚢膜と密着しているため、水晶体の実態を観察することが困難である。瞳孔領域に線維膜のみが形成されて血管成分が不足している場合、水晶体の白濁度は一般的に軽い。病気経過の進展に従って、混濁の程度と範囲は絶えず加重と拡大し、最終的に水晶体全体に累を及ぼす。進行過程中に、水晶体内あるいは嚢膜に結晶状物質あるいは石灰質沈着が出現し、末期に水晶体の皺縮み、甚だしきに至っては石灰化が出現する。

2)Fuchs虹彩異色症(heterochromic)の特徴的な変化は虹彩異色あるいは萎縮である、

慢性持久性の虹彩毛様体炎では、約70%の症例に白内障が発生している。毛様体炎は前房内に閃光が見られ、角膜後に大きな白色羊脂様(mutton fat)沈殿物があると表現した。水晶体の混濁は進行が遅く、主に後部皮質を巻き込み、末期には水晶体全体を混濁させる。病気経過は長いが、虹彩後癒着を伴わなかった。

3)緑内障斑(glaucomatous flecks)は急性緑内障発作後に出現する、

片状白濁は前嚢膜下透明領域の表層に位置していた。数日後に片状の濁りが砕けて分離して泡状になり、緑内障斑と呼ばれる。組織学的には、この病変が実際に水晶体上皮細胞の損傷を表していることが証明されている。混濁は、修復の過程で徐々に部分的に吸収されたり、新しい繊維によって深部に押し出されたりすることがある。白内障の臨床治療の角度から言うと、緑内障斑は実際的な意義がなく、緑内障の急性発作があった証拠を提供するだけである。

2.後眼節疾患に関連する合併性白内障:

1)後嚢膜下白濁はどのような後ぶどう膜炎にも合併する。

白内障の進行は眼の病変の進行過程に大きく左右される。典型的な合併性白内障は後極部の嚢膜下から始まり、混濁は小顆粒状と嚢胞状を呈し、密集して群を形成し、蜂の巣状の疎構造を形成し、眼部病変遅延の慢性進展過程を伴い、この混濁変化は長期的に後極部に限局することができる。混濁は軸区が皮質深部に進展すると同時に、水晶体線維に沿って赤道部に放射方向に広がり、その結果、典型的なバラ花形、円盤状あるいは星形の混濁形態を形成する。このとき裂隙灯検査を行うと、完全に透明な前皮質、水晶体核および大部分の後部皮質が、混濁の層との間に鮮明な境界を認めた。混濁は淡黄色、灰色黄色、或いはカラフルな反射光を呈し、蜂の巣状疎構造及び不規則な星形分布は併発性白内障特有の形態特徴を構成した。

2)変性性疾患、

例えば、高度近視、網膜栄養不良、網膜剥離、絶対期緑内障及び眼内腫瘍なども併発性白内障発生のよく見られる原因である。これらの原因による併発性白内障は、その形態学的特徴は上に述べたのと基本的に一致し、ただその病気経過はもっと長いかもしれない。無脈症(pulseless disease)患者は、大動脈分岐閉塞或いは全身動脈炎により眼部の長期虚血を引き起こし、全身症状以外に、眼部検査により網膜動静脈交通を発見でき、白内障は水晶体後嚢膜下混濁と表現され、病変の発展に伴い白内障は迅速に成熟することができる。血栓性血管炎(thromboangiitis)は主に深部血管あるいは四肢末端血管の炎症、血栓形成と血管閉塞を主な特徴とし、白内障は水晶体後嚢膜下の混濁を主とし、病変の発展は迅速である。眼の虚血のため、白内障を摘出すると眼球が萎縮しやすい。一部の眼後部手術、例えば強膜リング術後に眼前部虚血性壊死を引き起こすことがあり、合併する場合として水晶体混濁が発生することは珍しくない。ガラス体切断術後に不活性ガスまたはシリコーンオイルを充填することは併発性白内障の発生を引き起こしやすい。

3)以上の合併性白内障の臨床所見には以下の特徴がある:

①原発がある病気の特徴は変化し、病変は多く単眼であり、両目でもよい。

②前眼節病変による限局性嚢下混濁を呈する白内障。

③眼後部の疾病による表現は水晶体後極部の嚢膜と後嚢下皮質の顆粒状の灰色の混濁であり、そして少数の水泡が現れ、軸部に限局することができ、その後次第に周囲に拡張し、最終的に放射状の菊模様の混濁を形成する。

④混濁が進むにつれて水晶体の石灰化が起こり、水晶体の嚢膜が厚くなり、白い沈殿がある。

⑤高度近視や網膜剥離によるもので、核性白内障が多い。

4)診断は水晶体混濁の2つの特徴に基づく:

その1つは初期に混濁してカラー反射がある。第二に、混濁と周囲皮質の境界がはっきりしない。また、眼部の全面的な検査或いは眼病歴により、眼部のその他の異常、例えば古いブドウ膜炎、角膜病変などを発見することができ、同様に重要な診断根拠である。

  1. 合併症白内障のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 合併症白内障の原因、合併症白内障にはどのような原因があるのか
  3. 合併症白内障の食事、食事療法、合併症白内障は何を食べればいいのか
  4. 合併症白内障を予防するにはどうすればよいか、合併症白内障のケアの取り組み
  5. 合併症白内障の検査、合併症白内障の診断

お問い合わせ