合併症白内障の原因、合併症白内障にはどのような原因があるのか

合併症白内障の原因、合併症白内障にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-15 07:35:23
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 合併症白内障の食事、食事療法、合併症白内障は何を食べればいいのか
  2. 合併症白内障の症状、合併症白内障の早期症状、バイタルサイン

合併症白内障の原因

合併症白内障疾患の原因

一、発病原因:

眼局所の炎症は主に慢性ブドウ膜炎を含む:

異色性虹彩毛様体炎やスタイル病(青少年関節リウマチ)に并発するぶどう膜炎など;変性性疾患は主に陳旧性網膜剥離、網膜色素変性、高度近視、慢性緑内障などを含む。もう1つは眼内腫瘍、虚血、眼底血管性疾患による白内障である。内眼手術後、緑内障濾過手術、網膜剥離手術後に合併する白内障など、臨床的には珍しくない。しかし、硝子体切除術後に眼内充填物を合併する水晶体混濁はもっとよく見られる。以上の中で、虹彩毛様体炎に白内障を併発することが最も臨床的意義がある;網膜色素変性に伴う白内障は形態学的にも代表的である。

1..緑内障:

1)急性閉角性緑内障の急性大発作時、分節性虹彩虚血による炎症性滲出物が水晶体前嚢膜表面に蓄積し、局部代謝障害を引き起こし、水晶体前嚢膜下に局在性灰白色点状、条状あるいは斑状混濁、即ち緑内障斑を形成する。同様に、長期的に縮瞳剤ピロカルピンを使用すると虹彩炎を続発し、局部炎症滲出後に限局性水晶体前嚢膜下混濁を形成する。

2)緑内障は疫学調査から白内障発生のハイリスク因子の1つとされ、その機序はよくわかっていない。緑内障患者の水晶体嚢膜蛋白の二次構造の変化、例えばβらせんの増加、αらせんの構造の減少により、嚢膜のイオンに対する透過性が高くなり、水晶体の混濁を引き起こす。緑内障に白内障を合併した場合、血漿や涙液中の抗核抗体や分解されたDNAの増加や、血−房水バリア透過性が有意に高くなり、これも緑内障に白内障を合併する機序の一つである可能性が示唆された。

3)緑内障に対する術後水晶体の透明性が著しく低下し、核性、皮質性、後嚢下混濁などの形態の白内障が生じることが、大規模な長期疫学調査や基礎実験研究から示唆された。緑内障術後に明らかな炎症や浅前房などの合併症が見られる場合、白内障の発生率はさらに高くなる。その機序は緑内障術後の房水の脂質過酸化産物の含有量の増加と房水の抗酸化活性の低下と関係があるかもしれない。

2.ぶどう膜炎:

急性虹彩毛様体炎症滲出による後癒着は限局性水晶体前嚢下白濁を形成することがある。同時に、後部ブドウ膜炎症自体とブドウ膜治療薬グルココルチコイドは水晶体後嚢下と後皮質の混濁を引き起こすことができる。その機序はブドウ膜の炎症時に、炎症細胞が大量の酸素ラジカルを放出して水晶体細胞、蛋白質と脂質が過酸化し、それに伴って水晶体が混濁することであるかもしれない。

3.網膜剥離及び手術的陳旧性網膜剥離は、薄くて上皮被覆のない水晶体後嚢膜から炎症性及び変性産物のために侵入することがある:

後嚢下混濁を形成した。疫学調査によると、長期網膜剥離患者の白内障の発生率は61.1%であった。硝子体切断術後の白内障の発生率は60%であり、36%の患者の視力は明らかに低下し、よく見られる白内障の形態は後嚢下混濁、核性混濁あるいは両者の両方である。その機序は硝子体切除後の水晶体の新陳代謝に影響することと関係があるかもしれない。気液交換、長期効果ガス注入或いはシリコンオイル充填術などの硝子体腔充填術を連合する時、レンズの混濁を合併しやすく、充填物が直接レンズに接触した後、レンズの代謝と栄養障害を引き起こすことと関係があるかもしれない。

4.その他の網膜色素変性、高度近視、毛様体腫瘍、眼前虚血及びウイルス感染は水晶体混濁を併発し、白内障を形成する。

二、発病メカニズム:

1.合併性白内障の発生機序はまだ完全に解明されていない。炎症過程が正常な水晶体の代謝を妨害することと関係があると考えられている。後嚢下混濁のほかに、合併性白内障も核硬化や浅杯状混濁がその表現形式である。病因によって引き起こされる白内障の発病機序も完全に同じではない。

  1. 合併症白内障のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 合併症白内障の紹介−症状−治療−ケア−食事
  3. 合併症白内障を予防するにはどうすればよいか、合併症白内障のケアの取り組み
  4. 合併症白内障合併症合併症白内障はどんな病気を引き起こすのか
  5. 合併症白内障の検査、合併症白内障の診断

お問い合わせ