咽頭血管奇形の紹介−症状−治療−ケア−食事

咽頭血管奇形の紹介−症状−治療−ケア−食事

  • 2021-08-16 02:35:11
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 咽頭血管奇形の合併症、咽頭血管奇形はどんな病気を引き起こすのか
  2. 咽頭血管奇形の診断と鑑別−咽頭血管奇形の紛らわしい疾患−

咽頭血管奇形の概要

先天性咽頭血管奇形は胚胎の発育異常である。正常な発育情況の下で、原始内頸動脈の2つの構成部分、即ち第3動脈弓と背主弓の間に1つの屈曲があり、心臓の位置が降下する時、この屈曲はまっすぐになり、存在しなくなる。まっすぐにならずに持続すると、咽頭側壁あるいは咽頭後壁の深面に動脈環あるいは動脈屈曲が形成され、扁桃体窩や咽頭後壁に接近し、扁桃体あるいは咽頭扁桃体切除時に損傷をきたしやすい。

,

咽頭血管奇形の基本知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 発症部位:咽頭
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多発者:新生児
  • 関連症状:血管奇形咽頭異物感舌口および咽頭焼灼感咽頭粘膜びまん充血
  • 合併疾患:咽頭異物

  1. 咽頭血管奇形のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 咽頭血管奇形の検査及び咽頭血管奇形の診断
  3. 咽頭血管奇形の治療方法、咽頭血管奇形の治療方法、咽頭血管奇形の薬
  4. 咽頭血管奇形の病因、咽頭血管奇形にはどのような原因があるのか
  5. 咽頭血管奇形の症状、咽頭血管奇形の初期症状、徴候
分類

お問い合わせ