唾液腺がんの症状、唾液腺がんの初期症状、徴候

唾液腺がんの症状、唾液腺がんの初期症状、徴候

  • 2021-08-15 07:06:04
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 唾液腺癌の診断と鑑別−唾液腺癌混同しやすい疾患−
  2. 唾液腺癌の検査、唾液腺癌の診断

唾液腺癌症状

典型的な症状:耳下あるいは耳前のしこり、局部の痛み、皮膚の浸潤、顔面神経麻痺など

関連症状:潰瘍痛軟口蓋表在潰瘍慢性潰瘍開口困難

一、症状

腺癌は主に耳下腺と口蓋小唾液腺に発生し、中高年患者に多く見られる。

腺癌の成長は比較的に速く、病気の経過は比較的に短い。腫瘍は浸潤性生長を呈し、正常組織との境界がはっきりせず、活動度が悪く、甚だしきに至っては固定する。末期は皮膚、筋肉、神経、骨組織を浸潤し、腫瘍表面潰瘍、疼痛及び口を開けにくいなどの症状を来たすことがある。耳下腺に発生した者は外耳道、側頭骨及び下顎骨と癒着して固定し、顎下腺に発生した者は口底、下顎骨と固定することができる。

1.大部分の形態腫瘍は円形或いは卵円形を呈し、大部分は被膜がなく、しかし完全ではない。生地は中硬度で、切断面は灰白色を呈している。

2.顕微鏡検査による腫瘍細胞の異型性は明らかであり、構造は一様ではない。あるものは固体の団塊あるいは小索状の配列を呈し、あるものは腺腔の形成が見られ、あるものは管状あるいはアデノイド構造に配列している。腺腔様構造を有する者は、分化程度が高く、悪性度が低いと考えられている。小条索と小団塊の間の結合組織は多少不定で、多くは硬癌に似ており、間質が少なく癌細胞が多い場合は軟癌と呼ばれる。

3.生物学的特徴腺癌は高度浸潤と破壊性成長の特徴がある。腺癌は血管とリンパ管壁を侵しやすく、比較的に多くの血行とリンパ転移が出現する。

二、診断

唾液癌は嚢胞性変化を起こしやすく、慎重な触診では常に硬軟布などの生地を触診することができ、この特徴は多形性腺腫と鑑別でき、腫瘍の類型を確定することは、多く組織学の診断に依存する。

  1. 唾液腺がんの予防方法唾液腺がんのケア対策
  2. 唾液腺がんの合併症や唾液腺がんが引き起こす病気
  3. 唾液腺がんの食事、食事療法、唾液腺がんは何を食べればいいのか
  4. 唾液腺癌のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  5. 唾液腺癌の紹介−症状−治療−看護−食事

お問い合わせ