唾液腺がん治療法唾液腺がん治療法唾液腺がん治療法

唾液腺がん治療法唾液腺がん治療法唾液腺がん治療法

  • 2021-08-15 07:07:37
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 唾液腺がんの食事、食事療法、唾液腺がんは何を食べればいいのか
  2. 唾液腺がんの症状、唾液腺がんの初期症状、徴候

唾液腺癌の診療知識

受診科:口腔科腫瘍科唾液腺癌の一般治療

腺癌は浸潤性成長を呈しているため、広範な拡大切除を行うべきである。腺癌リンパ節転移率は比較的に高く、36%〜47%に達することができ、原発巣を切除すると同時に根治性或いは選択的頸部リンパ節郭清術を行うべきである。顔面神経の処置には、顔面神経麻痺の有無にかかわらず、腫瘍を完全に切除するために顔面神経を犠牲にすることが必要である。手術中に凍結組織病理切片を配合し、手術辺縁に残存した腫瘍細胞があるかどうかを検査するべきである。

腺癌は放射線に敏感ではなく、単独で放射線治療を行うべきではないが、術後に補助治療を行うことも治療効果を高める可能性がある。末期に手術を行うべきでない者は、緩和性放射線治療は一定のコントロール作用があるが、根治の目的を達成できない。術後に補助的化学療法を行うこともできる。

唾液腺癌の弁証療法

牡蠣のスープを見通す

1.機能主治機能化痰軟堅、消お散結。耳下腺癌を主に治療する。2.処方組成:夏枯草30グラム、王不留行30グラム、生スッポン30グラム、石見穿き30グラム、生牡蠣30グラム、天然痘24グラム、海藻15グラム、丹参15グラム、瓜ロウ仁15グラム、苦参15グラム、昆布12グラム、桃仁12グラム、生地12グラム、蜂の巣12グラム、カエル皮9グラム、水煎り服用。

  1. 唾液腺がんの予防方法唾液腺がんのケア対策
  2. 唾液腺がんの合併症や唾液腺がんが引き起こす病気
  3. 唾液腺癌のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  4. 唾液腺癌の検査、唾液腺癌の診断
  5. 唾液腺癌の紹介−症状−治療−看護−食事
分類

お問い合わせ