唾液腺癌の検査、唾液腺癌の診断

唾液腺癌の検査、唾液腺癌の診断

  • 2021-08-15 07:07:55
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 唾液腺癌のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 唾液腺癌の紹介−症状−治療−看護−食事

唾液腺癌の一般的な検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
唾液腺B超音波口腔唾液の診断によく用いられる...
脳MRI頭蓋核医学脳外科脳MRI検査では...
脳CT頭蓋脳外科腫瘍脳CT検査は...
1.唾液腺領域の腫瘍は、早期に良性の腫瘍に類似することができ、末期に成長の加速、腫瘍の固定、痛み、顔面麻痺、リンパ節の腫大などが出現する。

2.唾液腺造影にて侵食性破壊像(分岐導管の破壊、ヨウ素油の外部漏れなど)を示し、CTにて腺体が境界不明瞭な腫塊によって破壊され、あるいは圧搾変位し、造影剤の外部流出が見られた。

3.補助検査

(1)臨床表現が比較的に典型的であり、腫瘍が比較的に限局している者の検査案件は検査枠「A」を主とする;

(2)臨床表現が非典型的で、鑑別診断が比較的に困難で、腫瘍が比較的に大きく、周囲の重要な構造と密接な関係があるか、あるいは転移が疑われる者の検査専門案には検査枠「B」と「C」を含めることができる。

唾液腺領域腫瘍は一般的に生体組織検査を主張しない、その部位は深いから。生検では病変組織を採取するのは比較的困難である、生検時の切開は拡散を招きやすい、再発や転移が起こりやすい。唾液腺腫瘍は良性か悪性かにかかわらず手術治療を選択します、そのため、一般的に術前の検査で腫瘍の性質を確定する以外に、手術時に凍結切片検査で腫瘍の性質を確定し、検査結果によって手術範囲を確定し、手術後に腫瘍の性質によって放射線治療或いは化学治療を補助することができ、しかし絶対に後に二者を主要な治療とすることはなく、臨床上で治療の時期を失う者は珍しくない。

  1. 唾液腺がんの予防方法唾液腺がんのケア対策
  2. 唾液腺がんの合併症や唾液腺がんが引き起こす病気
  3. 唾液腺がんの症状、唾液腺がんの初期症状、徴候
  4. 唾液腺がんの食事、食事療法、唾液腺がんは何を食べればいいのか
  5. 唾液腺癌の診断と鑑別−唾液腺癌混同しやすい疾患−

お問い合わせ