噴門アカラシア紹介−症状−治療−ケア−食事

噴門アカラシア紹介−症状−治療−ケア−食事

  • 2021-07-22 19:01:20
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 噴門アカラシアのケア−ケア上の注意点−食事の禁忌
  2. 胃アカラシアを予防するにはどうすればよいか、胃アカラシアのケア策

噴門アカラシアの概要

噴門アカラシア(esophageal achalasia)は噴門痙攣或いは巨大食道とも呼ばれ、食道下段括約筋弛緩障害と補綴無蠕動を主な特徴とする原発性食道動力障害性疾患である。その発症原因は十分に解明されておらず、先天性、筋原性、神経原性の3つの学説がある。現在広く受け入れられているのは神経原性説である。主な臨床表現は嚥下困難、食物逆流と下端胸骨後の不快感あるいは疼痛である。本疾患は稀な疾患(10万人あたり約1人と推定される)であり、任意の年齢に発生するが、最もよく見られるのは20〜39歳の年齢グループである。子供の発病は少なく、男女の発病はほぼ等しく、ヨーロッパと北米に多く見られる。この病気の治療が間に合わないと食道癌を潜在的に発生する危険がある。

,

噴門アカラシアの基礎知識

  • 医療保険の対象:はい
  • 別名:噴門アカラシア、噴門痙攣
  • 発症部位:胃
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多発者:20~50代の若者・壮年層
  • 関連症状:気急、空咳、摂食困難、疼痛潰瘍
  • 合併疾患:肺炎

  1. アカラシアの食事、食事療法、アカラシアは何を食べればいいのか
  2. 噴門アカラシアの合併症、噴門アカラシアはどのような疾患を引き起こすのか
  3. 噴門アカラシアの病因、噴門アカラシアにはどのような原因があるのか
  4. 噴門アカラシアの症状、噴門アカラシアの早期症状、バイタルサイン
  5. 噴門アカラシアの診断と鑑別−噴門アカラシア紛らわしい疾患−
分類

お問い合わせ