噴門アカラシア検査、噴門アカラシア診断

噴門アカラシア検査、噴門アカラシア診断

  • 2021-07-22 19:04:30
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 噴門アカラシア紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 噴門アカラシアの診断と鑑別−噴門アカラシア紛らわしい疾患−

噴門アカラシア一般検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
ガスバリウム二重造影法消化性肝胆胃腸腫瘍胃がんを診断する側では...
内視鏡検査----内視鏡検査で対発...
バリウムX線透視法食道核医学食道バリウム透視法...
食道造影食道腫瘍食道造影X線...
食道圧食道胃----食道の圧力測定はちょうどよい...
胸部レントゲン胸部----胸部写真の適応...
噴門アカラシア検査

(1)X線検査

本現症の診断と鑑別診断に最も重要である。

1、食道バリウムX線撮影

バリウムは常に噴門部を通過しにくく食道下端に貯留し、1〜3cmの長さ、対称的、粘膜紋政党の漏斗状狭窄を示し、その上段食道は異なる程度の拡張、処長と屈曲を呈し、蠕動波がない。食道バリウムX線造影検査でバリウム剤は噴門部に滞留し、食道下段は辺縁の滑らかな鳥の口状狭窄を呈し、バリウム剤は細流になってゆっくりと胃内に入ることを認めた。中下段食道腔は拡大し、程度が厳重な場合は食道腔は高度に太くなり、延長迂曲は「S」形を呈し、S状結腸のようである。食道壁の正常な蠕動は弱まったり消失したりし、時には法規の微弱な収縮が見られる。瘢痕狭窄や食道がんと区別できる。例えば熱い飲み物を与えて、舌の下にニトログリセリンの錠剤を含むか亜硝酸イソアミルを吸入して、食道のアカラシアを見ます;冷たい飲み物を与えると、噴門はさらに緩みにくくなる。貯留した食物残渣はバリウム造影時に充満欠損を呈するため、検査前に食道ドレナージと洗浄を行うべきである。

食道バリウム造影はアカラシア症例において重要な診断的検査である。検査時に食道体部と遠位括約筋の形態学と機能特徴に注意しなければならない。造影前に挿管吸引或いは洗浄すべきであり、X線映画撮影或いはビデオ撮影は透視より食道蠕動活動の動態観察を提供できる。検査時に食道運動機能を観察するために、患者は平臥位と立位を取った。食道に明らかな拡張や大量の食物残渣がある場合は、食物がX線画像上で腫瘍と混同されないようにする。アカラシアのX線の主な特徴は、食道体部蠕動の消失、嚥下時の遠位括約筋の弛緩反応、バリウムの胃食道接合部への滞留である。この部分の管壁は滑らかで、管腔は突然狭窄し、鳥のくちばしのように変化した。

2.胸部レントゲン

本症の初期には、胸部レントゲンに異常はなかった。食道拡張に伴い、後前位胸部レントゲンに縦隔右上縁の膨出を認めた。食道の高度拡張、伸展と屈曲時に、縦隔の拡大が見られ、心臓の右縁を超え、縦隔腫瘍と誤診されることがある。食道内に大量の食物と気体が貯留する場合、食道内に液平が見られる。大部分の症例で胃胞の消失を認めた。肺炎肺膿瘍がある場合は肺野に変化がある。早期症例では、X線検査では異常を認めない可能性がある。

(二)食道力学検査は明確な診断に役立つ。

1、食道圧測定

管下端高圧区の圧力は正常人の2倍以上であり、嚥下時に下段食道と括約筋の圧力は低下しない。中上段食道内腔の圧力も正常より高かった。この方法は病理生理の角度から食道の運動病理を反映でき、本症を実証或いは確定診断でき、同時に薬物の治療効果、拡張術及び食道筋切開術後の食道機能評価の1種の数量化指標とすることができる。

2.食道減圧検査

核種食道通過時間、食道バリウム排泄指数測定及び飲水試験などを含め、食道の排泄機能の判断に役立ち、食道機能に対する治療効果の評価にも用いられる。

3.アセチルメトコリン試験

塩化アセチルコリン(methacholine chloride)5〜10mgを皮下注射すると、ある症例では食道収縮が増強し、中上段食道腔の圧力が顕著に上昇し、胸骨後の激しい疼痛を引き起こすことがある。本症患者に食道の強力な収縮を生じさせ、食道内の圧力を急激に増加させ、それによって胸骨下に激しい痛みと嘔吐を生じさせ、X線徴候も更に明らかになる。しかし、この試験は特異性が低い。

(3)内視鏡的及び細胞学的検査

食道鏡検査は確実に診断でき、食道瘢痕狭窄と食道腫瘍を排除できる。食道下端と噴門は持続的に閉鎖し開放せず、食道内に液体或いは食物が滞留し、食道腔が拡大する。重度者の食道腔拡張は胃腔のようであり、たまに食道の走向が歪んでS形を呈し、食道壁に輪状の収縮環が見られることがあり、推進性の原発性あるいは続発性の収縮が見られないことが多い。食道の拡張、ねじれにより食道は長くなり、門歯から噴門歯線は常に>40cmであった。食道下端と噴門は持続的に閉鎖し、注入も開放せず、内視鏡通過に抵抗があり、一般的に少し力を加えると胃腔に入ることができる。反転観察時に「緊縛徴候」が見られ、すなわち噴門が内視鏡の鏡体を緊縛し、内視鏡を軽く押して引張ると噴門粘膜がそれに伴って上下に移動することが見られた。食道の粘膜は貯留性炎症変化を伴い、以下の段は明らかである。逆流性炎症にみられる粘膜充血、赤色とは異なる。食道拡張が厳重な者ほど、粘膜炎症も顕著である。食道下段粘膜は明らかに白くなり、厚くなり、粗くなり、「亀裂」の徴候がある。重症者は結節状変化を呈し、びらんと浅い潰瘍がある。結節、びらん、潰瘍が出現した場合には食道癌の合併を警戒すべきである。

通常の検査では末梢血は貧血を発見することができて、吸入性肺炎がある時は感染の血象があり、白細細胞数の増加と好中球の増加。

  1. アカラシアの食事、食事療法、アカラシアは何を食べればいいのか
  2. 噴門アカラシアのケア−ケア上の注意点−食事の禁忌
  3. 噴門アカラシアの合併症、噴門アカラシアはどのような疾患を引き起こすのか
  4. 噴門アカラシアの病因、噴門アカラシアにはどのような原因があるのか
  5. 噴門アカラシアの症状、噴門アカラシアの早期症状、バイタルサイン

お問い合わせ