アカラシアの食事、食事療法、アカラシアは何を食べればいいのか

アカラシアの食事、食事療法、アカラシアは何を食べればいいのか

  • 2021-07-22 19:05:02
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 噴門アカラシア検査、噴門アカラシア診断
  2. 噴門アカラシアの合併症、噴門アカラシアはどのような疾患を引き起こすのか

アカラシア食は禁忌

適切な食事:1.アルカリ性のものを食べるのがよい2.半流動食を食べるのがよい3.便通のよいものを食べるのがよい

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
ミルク牛乳には、人体に必要な8大必須アミノ酸と各種微量元素が豊富に含まれており、人体の栄養をよく補給し、患者の回復に適している1日2杯、牛乳を飲む時は、牛乳の温度が高くなりすぎてはいけない
豆腐豆腐の栄養価は牛乳に似ていて、気を補い、胃腸をきれいにすることができます。豆腐の材料豆製品に含まれるサポニンは体内のフリーラジカルを除去し、抗血栓の効果があり、胃腸疾患の患者に適しています頻繁に食べることができ、週に3~5回程度、豆乳や豆腐などの豆製品と交換することも推奨されている
薄いかゆアワは胃のあくを防ぎ、滋陰養血の効果があり、嘔吐や消化不良などに役立つ噴門部疾患の患者はしゃっくりが発生しやすいため、半流動食を食べるべきで、小米粥は主食とすることができて、毎日3-5回、毎回1杯の小さい茶碗を食べることができます
食事のタブー:1.辛くて刺激的なものは禁物2.揚げ物や消化の悪いものは禁物3.硬くて冷たいものは禁物
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
脂身油条は過度の油脂を含んでおり、消化しにくく、胃病の患者には適さない食用禁忌 【小于】 /dd>
もち米もち米は胃腸内で消化されにくく、胃腸に負担をかけるため、急性胃炎や胃潰瘍がある人は食べないようにしてくださいもち米で作った菓子を食べるのは禁物、柿も少なめに
フライドチキンフライドチキンは油脂が豊富で消化されにくく、胃内での滞留時間が長く、胃の排出時間を遅らせることで、病気の症状を悪化させることがある油っこいものは禁物
アカラシアの食事原則

噴門アカラシアの食事療法

①バラ6グラム、雄ライラック3グラム、シロクラゲ30グラム、氷砂糖少々。シロキクラゲは1時間蒸し、人バラ、雄ライラック、氷砂糖、少し煮て、分回に服用する。間欠的な嚥下困難や食物逆流者に用いられる。

②牛乳200ml、沸騰させて空腹時に食べる。朝晩各1回。間欠的嚥下困難者に用いられる。

③生大根200グラム、汁をつき、沸騰した湯で温め、数回温めて服用する。気滞痰凝結者に用いられる。

④酢卵療法:半夏15グラム、ビャクシャク30グラム、酢15グラム、煮た後にかすを取り汁を取り、生卵1個を加え、よくかき混ぜてから飲む。

  1. 噴門アカラシアのケア−ケア上の注意点−食事の禁忌
  2. 噴門アカラシアの病因、噴門アカラシアにはどのような原因があるのか
  3. 噴門アカラシアの症状、噴門アカラシアの早期症状、バイタルサイン
  4. 噴門アカラシアの診断と鑑別−噴門アカラシア紛らわしい疾患−
  5. 噴門アカラシア受診の手引き−噴門アカラシア

お問い合わせ