壊死性歯肉口炎の診断・鑑別-壊死性歯肉口炎の紛らわしい疾患

壊死性歯肉口炎の診断・鑑別-壊死性歯肉口炎の紛らわしい疾患

  • 2021-08-15 03:59:15
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 壊死性歯肉口炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 壊死性歯肉口炎の病因、壊死性歯肉口炎にはどのような原因があるのか

一、鑑別

1.辺縁性歯肉炎

病気経過が長く、歯間乳頭と遊離歯肉の充血、赤腫と機械刺激による出血しやすいことを主な表現とする;しかし、自発痛、自発性出血、歯肉壊死、特殊な腐敗性口臭はなかった、塗抹標本はクロストリジウムやスピロヘータを見つけるのが難しい。

2.歯周炎

病変は歯周ポケット、歯槽骨吸収と歯の動揺が主であったが、歯肉壊死がなく、歯肉局部の明らかな疼痛と全身症状がなく、特殊な腐敗性口臭がなかった。

3.ヘルペス性歯肉口炎

単純ヘルペスウイルス感染によるもので、6歳以下の児童に好発する。発病が急で、1~2日発熱する前駆期があります。主に歯肉、唇、頬、口蓋などの粘膜を侵害し、典型的な病変は歯肉と口腔粘膜に小水疱が発生し、潰れた後に多数の小潰瘍或いは互いに融合し、偽膜は拭き取りにくく、組織壊死がなく、腐敗性口臭がない。スミア検査にて脱落細胞中に封入体などのウイルス感染徴候が見られた。

  1. 壊死性歯肉口炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 壊死性歯肉口炎の合併症、壊死性歯肉口炎はどんな病気を引き起こすのか
  3. 壊死性歯肉口炎の検査および壊死性歯肉口炎の診断
  4. 壊死性歯肉口炎の治療方法、壊死性歯肉口炎の治療方法、壊死性歯肉口炎の薬
  5. 壊死性歯肉口炎の症状、壊死性歯肉口炎の早期症状、バイタルサイン

お問い合わせ