外傷性口炎の原因、外傷性口炎にはどのような原因があるのか

外傷性口炎の原因、外傷性口炎にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-15 01:00:43
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 創傷性口内炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 外傷性口内炎の紹介−症状−治療−看護−食事

創傷性口炎の病因主な病因:機械性、化学性、物理性などの要素による口腔粘膜損傷による

一、機械的要因

これは創傷性口内炎の最も多い原因であり、よく創傷性潰瘍を形成する。刺激持続時間によって、持続性および非持続性刺激因子に分類される。持久性刺激要素は虫歯破壊後の残冠、残根、鋭利な歯先、磨耗後の歯の鋭利な縁、不良修復体の止め輪、鋭利な縁、長すぎる基板、舌帯が短すぎる時の新生下顎乳切歯との摩擦などはすべて口腔内に長期に残留して慢性的な創傷性損害を引き起こすことができる要素である。非持久性機械刺激は硬く、脆い食物(例えば揚げ物或いは焼きたてた比較的硬い食物)、硬いゴムで作ったおしゃぶり、咀嚼時の咬傷、歯ブラシが古すぎて不揃いの毛、歯磨き力が不適切、口腔科医師の器械使用操作が不適切、或いはその他の外傷などがすべて口腔粘膜に急性損傷を引き起こすことができる。

二、化学的要因

よく見られる化学物質は腐食性のある強酸、強アルカリであり、口腔内治療薬であるフェノール、硝酸銀、三酸化二ヒ素などが口腔粘膜に接触している。臨床では誤って口腔内に入ったり、誤って使用したりすることがよく見られ、時には自傷性である。

三、物理的要因

口腔粘膜の熱損傷はあまり見られず、たまに飲み物やお茶、食べ物が過熱した時に粘膜火傷を起こす。一定の線量を超える放射線の全身または頭部・顔面部への照射は、全身と口腔組織の損傷を引き起こし、急性放射線病および/または放射性口内炎を引き起こすことがあり、主な変化は炎症である。戦時中は核兵器の爆発後に発生し、平時は悪性腫瘍の放射線治療や放射線事故で発生することが多い。

  1. 創傷性口炎の診断と鑑別−創傷性口炎の混同しやすい疾患−
  2. 外傷性口内炎の合併症、外傷性口内炎がどんな病気を引き起こすのか
  3. 外傷性口内炎の検査、外傷性口内炎の診断
  4. 外傷性口内炎の症状、初期の症状、バイタルサイン
  5. 外傷性口炎の治療方法,外傷性口炎の治療方法,外傷性口炎の薬

お問い合わせ