創傷性口炎の診断と鑑別−創傷性口炎の混同しやすい疾患−

創傷性口炎の診断と鑑別−創傷性口炎の混同しやすい疾患−

  • 2021-08-15 01:01:33
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 外傷性口内炎の合併症、外傷性口内炎がどんな病気を引き起こすのか
  2. 外傷性口炎の治療方法,外傷性口炎の治療方法,外傷性口炎の薬

1.比較的に小さい潰瘍は軽度の再発性アフタと鑑別する必要があり、創傷性潰瘍は明らかな局部損傷要素があり、潰瘍の大きさは一様でなく、刺激物と一致し、再発性、自己制限性がない。再発性アフタは明らかな局部因子がなく、円形或いは楕円形、直径2〜4mm、再発性と自己制限性がある。

2.比較的に大きい潰瘍は腺周囲口瘡、結核性潰瘍、癌と鑑別しなければならない(表を参照)。

 

重度のアフタ

結核性潰瘍

外傷性潰瘍

癌潰瘍

年齢

わかものが多い

ちゅうねん者が多い

無制限

老年

部位

あらゆる部分

あらゆる部分

あらゆる部分

あらゆる部分

 

口腔後部に多く見られる

舌多見

刺激因子近傍

 

潰瘍特徴

大きくて深い

縁が不揃いで潜伏凹みがある

不定形

菜の花状

 

だんこう状

底部の肉芽は顆粒状になっている

刺激因子と一致する

 

 

基部の軟らかいまたは軽い浸潤

長い間組織的に増殖してきた

基部浸潤が広く硬い

再発性

あります

なし

なし

なし

じげんせい

あります

なし

なし

なし

ぜんたいの様子

常に良い

肺結核がよくある

良い

弱いまたは悪液質

【小于】 tr style=「mso-yfti-irow:10;mso-yfti-lastrow:yes;「>生検

慢性炎症

結核結節(ランハン巨細胞などがある)

慢性炎症

癌組織

  1. 創傷性口内炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 外傷性口内炎の検査、外傷性口内炎の診断
  3. 外傷性口内炎の症状、初期の症状、バイタルサイン
  4. 外傷性口内炎の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 外傷性口炎の原因、外傷性口炎にはどのような原因があるのか
分類

お問い合わせ