外傷性口炎の食事、食事療法、外傷性口炎は何を食べればいいのか

外傷性口炎の食事、食事療法、外傷性口炎は何を食べればいいのか

  • 2021-08-15 01:02:33
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 創傷性口内炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 外傷性口内炎の症状、初期の症状、バイタルサイン

外傷性口内炎の食事の原則

1.創傷性口内炎の食事療法:

蜜汁含嗽法:10%の蜜汁含嗽で、淡くなり、痛みを止め、細胞の再生を促進することができる。

蜂蜜療法:口腔洗浄をきれいにして、消毒綿棒で蜂蜜を潰瘍の面に塗って、塗った後しばらく飲食しないでください。15分ほどで、よだれごと飲み込み、さらに塗ることができ、1日に数回繰り返し塗ることができます。

硫酸亜鉛療法:硫酸亜鉛フレークまたは1%硫酸亜鉛シロップを成人1回40〜80mg、1日3回、一般的に5〜7日間の連用で完治する。

キクラゲ療法:白キクラゲ、黒キクラゲ、サンザシ各10グラム、水で煎じて、スープを飲んでキクラゲを食べて、毎日1~2回、口腔潰瘍を治すことができます。

  1. 創傷性口炎の診断と鑑別−創傷性口炎の混同しやすい疾患−
  2. 外傷性口内炎の合併症、外傷性口内炎がどんな病気を引き起こすのか
  3. 外傷性口内炎の検査、外傷性口内炎の診断
  4. 外傷性口内炎の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 外傷性口炎の原因、外傷性口炎にはどのような原因があるのか
分類

お問い合わせ