外陰膣性不妊の症状、外陰膣性不妊の初期症状、バイタルサイン

外陰膣性不妊の症状、外陰膣性不妊の初期症状、バイタルサイン

  • 2021-09-11 08:29:49
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 外陰膣性不妊の合併症、外陰膣性不妊はどんな病気を引き起こすのか
  2. 外陰膣性不妊検査、外陰膣性不妊診断

外陰膣性不妊

典型的な症状:不妊

外陰性不妊

1.両性奇形

クリトリス肥大あるいは陰茎があり、両側の陰唇にある程度の融合があり、尿道下裂などがある。

2.処女膜閉鎖

原発性仮性閉経、思春期後に周期的な下腹痛が出現し、結婚後に性交できない。

3.膣横隔

不妊患者は経血排出がうまくいかず、不浄になる可能性があり、生理痛、経血貯留は感染を合併する可能性があり、性交痛、性生活は満足しない。

4.膣縦隔と二重膣

性交と妊娠に影響する。

5.先天性無膣

原発性閉経、周期性下腹痛もあり、結婚後性交できないなど。

6.膣狭窄と癒着

性交と月経排出に影響する。

7.外陰膣炎

1)トリコモナス性外陰膣炎

外陰かゆみは夜間に更に甚だしく、下が多く、色が黄色で臭気があり、検査では外陰にひっかき傷があり、潮紅皮膚損傷があり、膣はやや灰色黄緑色で、薄く泡状を呈し、グリコーゲンが分解されてガスを産生するためである。

2)カビ性膣炎

主に外陰奇痒及び白帯多。膣壁に大量の白いおから様或いは凝固状の白帯があり、粘膜は赤く腫れて充血し、或いは赤い班点状がある。

3)尖圭コンジローマ

陰唇、膣口、肛門周囲、膣及び子宮頸部に多く発生する。小疣状の赤色突起或いは菜の花状を呈し、潰瘍感染しやすく、分泌物が臭く、出血しやすく、外陰がかゆみ、痛み、帯下が多い。他の感染を合併することが多い。

4)非特異性膣炎

外陰膣の焼灼感、下に落ちる感、膣の排液が多く、膿性に臭気があり、尿痛、頻尿を伴うことができ、性交後の血液性排液がある。

  1. 外陰膣性不妊のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 外陰膣性不妊の病因、外陰膣性不妊にはどのような原因があるのか
  3. 外陰膣性不妊の紹介−症状−治療−ケア−食事
  4. 外陰膣性不妊の診断と鑑別-外陰膣性不妊は混同されやすい疾患
  5. 外陰膣性不妊治療法外陰膣性不妊治療法外陰膣性不妊治療法

お問い合わせ