外陰膣性不妊の診断と鑑別-外陰膣性不妊は混同されやすい疾患

外陰膣性不妊の診断と鑑別-外陰膣性不妊は混同されやすい疾患

  • 2021-09-11 08:31:24
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 外陰膣性不妊の症状、外陰膣性不妊の初期症状、バイタルサイン
  2. 外陰膣性不妊の紹介−症状−治療−ケア−食事

外陰膣性不妊の診断

1.卵巣性不妊

女性不妊によく見られる原因の一つは15%-20%の不妊女性に排卵欠陥があり、このような欠陥は臨床でよく月経障害、排卵しない或いは黄体機能不全、未破裂卵胞フラビン化症候群などを伴う。

2.卵管性不妊

卵管は出産に対して重要な意義があり、性ホルモンと神経系統の制御下で、組織構造、生理生化学などの面で周期的な変化が発生し、卵子の遮断、受精卵の輸送、受精卵に栄養と新陳代謝の適切な環境を提供することなどに極めて重要な意義がある。

3.子宮頸性不妊

子宮頸部減(CM)に含まれるブドウ糖やその栄養素は、子宮頸部を横断する際の精子の生存や活動力に大きく影響する。精子と子宮頚或いは液は相互に影響し、精子の生存と機能発揮の重要なポイントであり、子宮頚要素による不妊者であり、不妊総数の5%〜10%を占めている。

4.子宮性不妊

単純性子宮性不妊は珍しく、不妊患者の2%程度にすぎない。子宮奇形、例えば鞍状子宮縦隔或いは半縦隔子宮、双子宮、単角子宮及び子宮発育不良はすべて不妊を引き起こすことができる;大きすぎる子宮筋腫あるいは生殖器の炎症あるいは骨盤腔子宮内膜症による癒着を引き起こして、牽引と推移などによる子宮体の過度の傾斜も不妊に至ることができる;子宮内膜結核は病変が静止した後、子宮内膜組織切片に発見されにくいが、胚胎着床に影響を与える;子宮内膜の外傷性損傷は例えば:何度も子宮を掻く或いは子宮を掻きすぎて、受精卵が着床できないことを招く。

5.染色体異常性不妊

染色体異常は性腺発育異常或いは生殖道異常、例えば副腎性腺症候群と先天性卵巣発育不全症(Turner症候群)などを引き起こす。

6.免疫性不妊

免疫不妊とは患者の排卵と生殖機能が正常で病原性要素の発見がなく、配偶者精液の常規検査が正常範囲にあることを指し、しかし抗出産免疫証拠が不妊夫婦の中に免疫性不妊は5-7%を占める。抗精子と抗透明帯の2種類の免疫性不妊があり、現在後者の発病機序に対してまだよく知らないため、臨床では免疫性不妊の大半は抗精子ウサギ疫病性不妊を指す。

7.その他の要因による不妊

1)年齢

結婚後3ヵ月以内に妊娠する夫婦は60%を超える。その後、夫婦の年齢と結婚期間が長くなるにつれて出産力が低下する、つまり結婚後不妊の期間が長くなり、受胎率が漸進的に低下する。

2)栄養

体重の22%の脂肪量を得て初めて妊娠が可能になる。過度の肥満はまた性腺機能の減退と生育力の低下を引き起こすことができるが、人類の生殖機能における脂肪含有量の正確な作用はまだはっきりしていない。

3)食事

微量元素は性機能性ホルモン分泌及び生殖系病変と密接に関連している。

タバコ酒麻酔薬

8.精神的要因による不妊

夫婦は常に深刻な失望情緒精神損傷が中枢性カテコラミンとエンドルフィンの分泌変化を引き起こし、排卵と閉経を招くことがある。

9.環境要因環境及び職業汚染

例えば、騒音、紡績染料、水銀害及びドライクリーニング化学剤は女性の出産能力に影響を与える。

  1. 外陰膣性不妊のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 外陰膣性不妊の合併症、外陰膣性不妊はどんな病気を引き起こすのか
  3. 外陰膣性不妊の病因、外陰膣性不妊にはどのような原因があるのか
  4. 外陰膣性不妊を予防するにはどうすればよいか、外陰膣性不妊のケア策
  5. 外陰膣性不妊検査、外陰膣性不妊診断

お問い合わせ