好皮菌症の食事、食事療法、好皮菌症は何を食べればいいのか

好皮菌症の食事、食事療法、好皮菌症は何を食べればいいのか

  • 2021-09-11 01:20:15
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 好皮菌症を予防するにはどうすればよいか、好皮菌症のケア対策
  2. 好皮菌症のケア−ケアの注意点−食事のタブー

好皮菌症の飲食は禁物

食事の適切性:1.高蛋白質のものを食べるのがよい2.高ビタミンのものを食べるのがよい3.高カロリーで消化しやすいものを食べるのがよい

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
にんじんのピューレカロチンは皮膚細胞組織の正常な機能を維持するのに役立つため、湿疹患者に適している。蒸し炒めしたり、汁を搾ったりして食べられる。
エンドウエンドウ豆には、体内でビタミンAに変換され、肌を潤す働きをするビタミンAが豊富に含まれています。1日100~200グラム。
大豆大豆にはビタミンEが豊富に含まれていて、肌にいいのです。1日50グラム、おかゆを煮て食べる。
食事のタブー:1.脂っこい食べ物は避けて2.油で揚げたり、燻製したり、焼いたりするのは避けて3.塩分や脂肪の多い食べ物は避けて
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
えびエビは髪質で、食べると湿疹の再発や重症化を招きやすい。魚、カニ、牛肉、羊肉も食べないでください。
唐辛子トウガラシは辛くて刺激的で、皮膚のかゆみを刺激して重くなり、湿疹の完治に影響する。ネギもニンニクも食べないでください。
野菜を漬ける生姜熱はかゆみの症状を悪化させ、湿疹の刺激になるため、食べることができない。山椒、わさびも食べないでください。
好皮菌症のための食事の原則

1、好皮菌症はどんな食べ物を食べて体にいいですか:

食事はあっさりしたものがいいです。新鮮な野菜や果物をたくさん食べます。

2、好皮菌症はどんな食べ物を食べないほうがいいですか:

少量の刺激性飲料、例えば濃いお茶、コーヒー、酒類など、これらの飲料は汗腺の分泌と排出を誘発するため、表皮カビの感受性に有利な環境を提供して、辛く刺激性の食品と髪を食べることを避けて、酒を止めます。

以上の資料はあくまで参考までに、詳しくは医師に相談してほしい

  1. サーモフィラ症の検査、サーモフィラ症の診断
  2. 好皮菌病の治療法好皮菌病の治療法好皮菌病の治療法
  3. 好皮菌症の合併症、好皮菌症はどんな病気を引き起こすのか
  4. 好皮菌症の症状、好皮菌症の早期症状、バイタルサイン
  5. 好皮菌症紹介−症状−治療−ケア−食事
分類

お問い合わせ