好皮菌症紹介−症状−治療−ケア−食事

好皮菌症紹介−症状−治療−ケア−食事

  • 2021-09-11 01:16:48
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 好皮菌症の合併症、好皮菌症はどんな病気を引き起こすのか
  2. サーモフィラ症の検査、サーモフィラ症の診断

好皮菌症の概要

好皮菌症(dermatophilosis)はコンゴの好皮菌による感染性疾患である。この病気は主に動物の中で伝播し、家畜と野生動物に感染して引き起こす疾病であり、すでにアフリカ、アジア、オセアニア、ヨーロッパと南アメリカなどの地域で発見されている。ヒト感染例はまれ。1960年にDeanらはアメリカニューヨークで4例の患者が病気の鹿と接触した後にこの病気が発生したことを発見した。この病気の予後は良好であり、治療しなくても自然治癒することができる。これまでに全身感染例は認められていない。

,

好皮菌症の基本的な知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 別名:ノミ病・好皮菌症
  • 発症部位:皮膚
  • 伝染性:伝染性
  • 多くの人:すべての人
  • 関連症状:潰瘍外観は火口様充血膿疱丘疹とかさぶた
  • 合併疾患:灰爪

  1. 好皮菌症を予防するにはどうすればよいか、好皮菌症のケア対策
  2. 好皮菌病の治療法好皮菌病の治療法好皮菌病の治療法
  3. 好皮菌症のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  4. 好皮菌症の食事、食事療法、好皮菌症は何を食べればいいのか
  5. 好皮菌症の症状、好皮菌症の早期症状、バイタルサイン

お問い合わせ