子宮性不妊の症状、子宮性不妊の初期症状、バイタルサイン

子宮性不妊の症状、子宮性不妊の初期症状、バイタルサイン

  • 2021-09-11 08:00:05
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮性不妊治療法子宮性不妊治療法子宮性不妊治療法
  2. 子宮性不妊をどのように診断・鑑別するか−子宮性不妊は紛らわしい疾患

子宮性不妊症

典型的な症状子宮奇形が出産に影響するかどうかは、奇形の種類と程度によって決まる。この患者の大多数は明らかな自覚症状がなく、しかし受精卵の着床に影響するため、よく不妊を引き起こす。

一、子宮性不妊症状

子宮奇形或いは子宮発育不良:患者の多くは明らかな自覚症状がなく、しかし一部の表現は原発性閉経と月経不調であり、例えば月経稀発、月経少、生理痛或いは機能失調性子宮出血などである。性器と乳房の異形成を示すものもあり、例えば性幼稚型、乳房と第二次性徴の異形成、卵巣機能の低下、排卵しないなどである。一部の患者は妊娠できても、子宮腔を拡大することができないため、流産早産胎位異常、胎盤位置異常あるいは死産などが発生しやすい。

1.宮腔癒着症

臨床では閉経、月経が少ないため不妊を引き起こすことがよくある。

2.子宮内膜炎

急性子宮内膜炎の主な表現は発病が比較的に急で、発熱、下腹痛、白帯増加、時に血性或いは悪臭があり、時に子宮がやや大きく、子宮に触痛がある。慢性子宮内膜炎の臨床症状は特別ではなかった。

3.子宮筋腫

子宮筋腫の症状の有無及び軽重は、主に筋腫の部位、大きさ、数及び合併症によって決定される。ある筋腫は小さく、成長が遅く、無症状で、一生発見されないことがある。

4.子宮内膜ポリープ

月経量の増加あるいは不規則な子宮出血。子宮頸部にポリープが見られるか、触診され、子宮体はやや増大した。巨大ポリープ或いは子宮頸部に突出したポリープはしばしば感染、壊死を続発し、膣の不規則な出血及び悪臭を伴う血性分泌物を引き起こす。

5.子宮の位置異常

正常子宮の位置は前傾位を呈し、子宮体は少し前に、子宮頚は下に後ろに向かっている。子宮が後傾後屈位を呈した場合、子宮頸部は上反り状態を呈し、精液に浸かりにくいため、受胎に影響する。もちろん、子宮の過度の前傾は妊娠にも不利である。

二、子宮性不妊子宮内膜機能不全

子宮内膜機能不全は子宮内膜萎縮、子宮内膜異常増殖及び黄体期内膜機能不活性の三つの主なタイプに分けられる:

1.子宮内膜萎縮

卵巣にエストロゲンの産生がないか、子宮内膜にホルモンに対する反応がないため、内膜腺体と間質に発育と増殖が見られなかった。この内膜は下垂体前葉機能低下症と卵巣発育不良症に見られ、一般的にシーハン症候群に多く見られる。

2.子宮内膜過形成

過長または腺嚢胞性、腺腫性過形成は、排卵機能障害によって引き起こされることが多い。月経不順、膣不規則出血、月経稀発、閉経あるいは閉経後出血が止まらない。

3.黄体期内膜機能不全

このような患者は排卵があり、正常に受精することができるが、受精卵着床部位の子宮内膜の発育が不健全であるため、受胎に影響を及ぼす。

  1. 子宮性不妊の原因、子宮性不妊にはどのような原因があるのか
  2. 子宮性不妊の受診ガイドライン−子宮性不妊
  3. 子宮性不妊の合併症、子宮性不妊はどんな病気を引き起こすのか
  4. 子宮性不妊の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 子宮性不妊検査、子宮性不妊診断

お問い合わせ