子宮性不妊の原因、子宮性不妊にはどのような原因があるのか

子宮性不妊の原因、子宮性不妊にはどのような原因があるのか

  • 2021-09-11 08:00:44
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮性不妊をどのように診断・鑑別するか−子宮性不妊は紛らわしい疾患
  2. 子宮性不妊を防ぐにはどうすればよいか、子宮性不妊のケアの取り組み

子宮性不妊の原因

子宮性不妊の原因

1.子宮奇形による不妊

1、閉鎖性。

①完全性:残子宮と子宮腔が不通で、性発育成熟後に周期的な下腹痛が現れて、そのため婚前によく発見される;②不完全性:残角子宮は子宮腔と通じ、明らかな生理痛がなく、しかし残角子宮妊娠が多く発生した。

2、非閉鎖性

①双子宮(双子宮、双子頸、双膣);

②双角子宮(双角子宮、双子宮頚、単膣);

③双角子宮(双角子宮、単子宮頸);

④単角単頸子宮;

⑤不完全縦隔子宮;

⑥完全縦隔子宮。

2.子宮発育不良

子宮発育不良は幼稚子宮とも呼ばれ、一般的に思春期後に子宮が正常より小さいことを指す。単純な小子宮は不妊の直接の原因ではなく、もし卵巣が同時に発育不良であれば、それこそ不妊の直接の原因である。

3.宮腔癒着症

子宮腔、子宮峡部、子宮頸管は創傷性二次感染による癒着、例えば:損傷性子宮掻爬;また特異性感染、例えば結核、住血吸虫症、アメーバと放線菌症などを含み、臨床では閉経、月経が少ないため不妊を引き起こすことがよくある。

4.子宮内膜炎

子宮内膜炎は病気の長さによって、急性と慢性の2種類に分けられる;感染した病原菌によって、結核性、性病性および一般細菌性に分類される。子宮内膜炎は外膣感染の上行蔓延による引き起こし、子宮内膜の充血、浮腫、大量の炎症性滲出、間質の大量の形質細胞とリンパ細胞のため、これらの変化は精子の運行と妊娠卵の移植と発育に影響する。もちろん炎症時に子宮内膜は着床卵に十分な栄養を供給できず、また炎症滲出物は精子を殺傷する作用もあり、不妊を引き起こす。

5.子宮筋腫

子宮筋腫は女性に最もよく見られる腫瘍であり、筋腫と子宮筋層の関係により、筋壁間筋腫、漿膜下及び膜下筋腫に分けられる。筋腫が受胎に影響する程度は筋腫の部位、大きさ、数と関係がある。臨床観察によると、単純性筋腫による不妊症はあまり見られないが、臨床で見られた筋腫不妊は筋腫を主とし、多種の生理と生殖内分泌機能の乱れによるものであり、一般的には:1、排卵がない;2、子宮内膜組織や機能の乱れなど;3、子宮内分泌機能不全;4、子平滑筋の運動性障害;5、子宮内膜と筋層血管系と微小循環機能の失調などによる不妊。

6.子宮内膜ポリープ

1、内膜ポリープは子宮腔を充満し、精子と妊娠卵の生存と着床を妨げる;2、内膜ポリープの合併感染、子宮腔内環境を変え、精子と妊娠卵の生存に不利;3、内膜ポリープは胎盤移植と胚の発育を妨害する;4、卵管あるいは卵巣炎を合併し、閉塞性あるいは無排卵性不妊を引き起こすことがある。

7.子宮位置異常

正常子宮の位置は前傾位を呈し、子宮体は少し前に、子宮頚は下に後ろに向かっている。性交後、精は膣の後ドームに蓄積するため、下に向いた子宮頸部は精液に浸かりやすく、精子が上に泳ぐのに有利である。しかし、子宮が後傾後屈位を呈した場合、子宮頸部は上反り状態を呈し、精液に浸しにくいため、受胎に影響する。もちろん、子宮の過度の前傾は妊娠にも不利である。

8.子宮内膜機能不全

1、卵胞発育と黄体形成欠陥。

2、高プロラクチン血症。RRLはLHを損傷する作用があり、RRHは卵巣中のβヒドロキシステロイド脱水素酵素と直接作用し、ステロン合成に関与すると考えられている。

3、子宮内膜症

4、医源的要素。例えば、クロミノール及び合成プロゲステロンアセテートなどの応用後に黄体機能不足を引き起こすことができる。

  1. 子宮性不妊の受診ガイドライン−子宮性不妊
  2. 子宮性不妊の合併症、子宮性不妊はどんな病気を引き起こすのか
  3. 子宮性不妊の症状、子宮性不妊の初期症状、バイタルサイン
  4. 子宮性不妊の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 子宮性不妊検査、子宮性不妊診断

お問い合わせ